メンバー紹介

メンバー紹介

星野真弘室長

星野真弘室長

ORSDの皆さんとともに、理学系研究科の教育・研究活動に資する資金の獲得や教育・研究プログラムの支援に、教員と事務部の方々と連携しながら取り組んでいます。今後も、当研究科の教育・研究活動を学際的な視点から支援できるチームとなるよう室長として努力するとともに、研究者が最先端の研究に専念できるよう環境を整えていきます。

野上識プリンシパルURA

野上識プリンシパルURA

私立医科大学、本学新領域創成科学研究科などで生物科学分野の研究をしておりましたが、平成26年5月より新たにORSDのメンバーに加わりました。大学生、大学院生時代を過ごした古巣の理学部・理学系研究科で行われている最先端の研究を支援できることに日々喜びを感じています。

URAの業務は多岐にわたりますが、教員・博士研究員・学生を問わず、科学者が研究に打ち込める環境を作ることが第一義的な使命と考えています。その使命遂行のためにこれまでの経験を活かしていきたいと思います。

詳しい紹介

ハリス ケイト シニアURA

ハリス ケイト シニアURA

英国で大学を卒業し、スイスで博士号を取った後、平成23年に東京大学で超分子化学についての研究をするために博士研究員として来日しました。その後、エダンズという英文校正の会社でシニア・エディターとして勤務しました。平成29年6月にORSDのメンバーに加わりました。国際的な研究活動や科学コミュニケーション活動の経験を生かして、URAとして理学部・理学系研究科の研究者全員を支援したいと思っています。

詳しい紹介

宮下哲特任教授

宮下哲特任教授

令和2年10月に科学技術振興機構(JST)から東京大学理学系研究科物理学専攻にアドミニストレーターとして出向し、令和3年4月からORSDのメンバーに加わりました。わが国の研究力が諸外国に比べて相対的に低下していると言われている昨今、その一因として研究者の研究時間の減少が挙げられます。研究者を雑務から解放し、研究に専念できる質の高い時間を確保することが研究力向上の一翼を担うはずだという信念の下、これまで培った経験・知識を活かして、研究者が生き生きとして研究できる環境作りに尽力したいと思います。

梅木彩特任専門員

梅木彩特任専門員

2019(令和元年)9月よりORSDメンバーとして加わりました。あまり聞き慣れないファンドレイジングという言葉ではありますが、今まで以上に、大学が社会から高く評価され、社会から支えていただくために、研究教育を通じ社会に多くを貢献していかなくてはなりません。そのためにも大学の方針や活動内容を社会の皆さまによく知っていただける機会を、ファンドレイジングの活動を通じて発信していけるよう尽力して参ります。

今まで在籍した方