search
search

Press Releases

DATE2024.05.30 #Press Releases

原始ブラックホールは生成可能か?

東京大学

発表概要

今回、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU, WPI)機構長で大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター長を兼ねる横山順一教授と大学院理学系研究科のジェイソン・クリスティアーノ大学院生は、原始ブラックホール生成に関係した大きな振幅を持った小さなスケールのゆらぎ同士が量子論的にぶつかり合う効果を場の量子論に基づいてはじめて詳細に計算しました。その結果、小スケールに生成した大きなゆらぎが宇宙マイクロ波背景放射(CMB)で観測されるような大スケールのゆらぎにも影響を及ぼすことを明らかにしました。太陽の数十倍の質量を持つブラックホールの起源やダークマターの起源を原始ブラックホールによって説明できるほど大きなゆらぎを予言するモデルにおいては、CMBの観測結果と矛盾するほど影響が大きいことから、大きな質量の原始ブラックホール生成のためにはより複雑なモデルを考えるか、全く別のメカニズムを考えなければならないことを示しました。


インフレーションを引き起こす位置エネルギーの模式図

本研究成果には、ビッグバン宇宙国際研究センター横山 順一教授(カブリ数物連携宇宙研究機構 (Kavli IPMU, WPI))、物理学専攻のJason Kristiano博士課程学生が参加しています。

詳しくは、カブリ数物連携宇宙研究機構 (Kavli IPMU, WPI) のホームページをご覧ください。

発表雑誌

雑誌名
Physical Review Letters
論文タイトル
雑誌名
Physical Review D
論文タイトル