大学院の教育目的・目標

大学院の教育目的・目標

東京大学大学院理学系研究科では,以下の人材を育成する教育を行っている。

  • (a) 自然科学を中心とする諸分野の研究の第一線で開拓的な研究を行う研究・教育者
  • (b) 国際的、学際的な研究プロジェクト等の中核となる研究者
  • (c) 産業界の要請及び諸研究・現業機関等からの需要に応じた創意ある研究開発者、の養成

研究科共通の教育目標

教育目的を実現するための理学系共通の教育目標としては、以下のものがある。

(A) 独創的・指導的な研究者・技術者となる適性を持った学生の受け入れ

独創的・指導的な研究者・技術者を養成して社会に送り出すためには、 適性をもった学生を入学させることが出発点として重要である。 そのような学生は、自らの適性を的確に把握した上で自発的に理学系研究科に応募することが当然想定される。 従って、教育目的を効果的に実現させるためには、 適性を持った学生を的確に選抜できるように入学者選抜のプロセスを改善すると共に、 理学系研究科についての情報とそのアドミッションポリシーを受験希望者に向けて広く発信することが目標とされる。

(B) 理学研究の第一線で活躍する研究・教育者養成のための教育プログラム

従来から、大学院修士課程、博士課程での研究者養成のための教育では、 研究室等における独創的な研究活動を行うための個別的な指導が中心的な役割を果たしている。 個別指導を通じて、研究課題の立て方、研究を推進する能力、センスなどが育成される。 また、学術論文の読み方、専門情報の収集法、国際学術雑誌の投稿論文の書き方、 国際会議等での研究成果の発表法、等の研究者としての素養も、個別指導が効率的に行うことによって行われる。 大学院重点化による大学院生数の増加の事態に対応して、研究者養成の役割を効率的に果たすためには、 このような個別指導の機能をより充実させることが重要である。

(C) 社会の要請に答える研究開発者の養成のための教育プログラム

理学の諸分野に広い視野を持つ人材を養成して、社会に送りだすためには、 専門的な研究者を育てる教育に加えて、大学院生の多様なバックグラウンド、 様々な将来志向を考慮した上で、 社会から要請されている理学の分野に広い知識を持つ人材の育成に十分対応出来ることがもう一つの目標となる。

(D) 多様なバックグラウンドを持った学生に対応した教育プログラム

大学院重点化により、理学系研究科各専攻への大学院志願者は増大すると共に、 他の大学等からの、工学、農学、さらには文系も含めて、 様々な分野からの多様なバックグラウンドを持つ学生が入学するようになった。 さらに、修士課程修了後に社会に出ていく大学院生の割合が増加している。 これらは理学系全体の枠を広げることとなったが、 一方ではそれぞれの学生のバックグラウンドや将来の志望を考慮した 多様な教育システムを実現することが必要となった。 学部大学院共通講義を設けるなど、このような学生それぞれに即した教育プログラムを編成することが目標とされる。 また、現在大学院生数全体の約5%をしめる留学生に関しても、 それぞれの事情等を配慮した効率的な教育を行うことも重要な課題となる。

(E) 研究者としての大学院生のための研究環境の整備・充実