理学部ガイダンス2021実施報告

川北 篤(教務委員長/生物科学専攻 教授)

2021年4月23日(金)に教養学部2年生向けに理学部全体ガイダンスを開催した。昨年度に引き続きオンラインでの開催となった。


星野真弘 理学部長による挨拶

最初に,星野真弘理学部長から挨拶があり,理学の楽しさや社会への貢献について熱く語っていただいた。続けて,理学部における教育の特色や国際化の取り組みについて筆者が説明した。次に,高橋嘉夫キャリア支援室長より,理学部・理学系研究科では充実したキャリア支援があり,博士課程修了者も含めて就職率がほぼ100%であることから,ぜひ安心して進学していただきたい旨の説明があった。続けて,理学部10学科の学科長の先生方に5分間ずつ学科紹介をしていただいた。各分野に対する先生方の思いが込もった,魅力的なプレゼンテーションだった。

昨年度は初めてオンラインで開催し,700名ほどの学生のアクセスがあったが,今年度の参加人数は約300名であった。参加者数は昨年度より少なかったが,駒場キャンパスで開催していた一昨年度までは約250名の参加者数だったので,オンライン開催により学生が参加しやすくなったものと思われる。ガイダンス後も一定期間録画を公開したため,さらに多くの学生に理学部の魅力を伝えることができた。  

4月26日(月)から5月6日(木)にかけては,学科個別ガイダンスが行われ,こちらも例年通りの盛況であった。

今年度もぜひ多くの優秀な学生に理学部進学を希望してもらえることを願っている。

理学部ニュース2021年7月号掲載

 

トピックス>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加