理学部学生支援室のご紹介

学生支援室相談員

 

 

遠藤 麻美
鈴木 拓郎
樋口 紫音(育児休暇中)

内には全学学生相談所をはじめさまざまな相談機関が存在していますが,理学部学生支援室は理学部および理学系研究科に所属する学生を対象とした機関です。理学部1号館に設置されており,理学部等の学生が気軽にアクセスできる立地となっています。また2021年度からは理学部2号館に分室も設置され,利用者のニーズに合わせて面接室を使うこともできるようになりました。また,2020年度の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に伴い,従来の来室による対面相談に加えて,Zoomを用いたオンライン相談にも対応しています。

特色としては,学部内に設置されていることによって,教職員との連携がしやすいことが強みだと考えています。具体的な相談の流れをご紹介すると,例えば,ある学生が学業や研究で行き詰まりを感じ,指導教員に一人で相談することが難しかったり,休学を検討したいが手続きをどうすれ ばよいかわからない,という相談があったとします。休学を希望するにいたった学生の状況や課題について一緒に分析することで,今後の見通しをたてていくサポートはもちろんのこと,指導教員と学生との話し合いのため相談員が間に入って調整したり,必要であれば事務的な手続きのサポートを行ったり,といった現実的な面での支援も行います。また,「自分の性格傾向について知りたい」 という学生に対しては,面談で自己理解を深めていくことに加えて,心理検査を実施することもできます。さらに,友人,先輩・後輩,異性,教員,家族などの対人関係に関する悩みや,気分の落ち込み,食欲不振,不眠などの心身の不調について も相談を受けています。学生のニーズに合っていると判断した場合は,他の機関を紹介し,当室と並行して利用することを勧めることもあります。 このほかに,学生本人からの相談だけでなく,教職員の方からの学生に関する相談も受け付けています。

理学部・理学系研究科に在籍している学生の生活を,相談機能という点からサポートすること を,学生支援室は目指しています。現在,5名の相談員が在籍して対応を行っていますので,どうぞお気軽にお問い合わせください。

学生支援室のご利用について

【場所】本郷キャンパス
  本部:理学部1号館中央棟1階 132号室
分室:理学部2号館1階 101号室
【連絡先】
  電話:03-5841-8296(内線:28296)
Mail:soudan.s@gs.mail.u-tokyo.ac.jp
【形式】対面相談
  現在は新型コロナウィルス感染対策のため,
Zoomによるオンライン相談も実施
【開室時間】
  平日10:00 〜17:00(昼休み13:00〜14:00)
大学の活動制限レベルに応じて変更があり得るため,HPの「お知らせ」欄をご確認ください。
【対応言語】 
  日本語,英語(月火水金),韓国語(木)
【予約方法】 
  ご相談には原則事前予約が必要となります。
HPの申し込みフォームをご利用ください。
お急ぎの場合は,電話やメールでのお申し込みにも対応しています。

 

 

理学部ニュース2021年5月号掲載



学生支援室よりみなさんへ・男女共同参画委員会よりみなさんへ>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加