理学部オープンキャンパス2020開催報告

オープンキャンパス実行委員長 田中 培生(天文学教育研究センター 准教授)

オンライン版オープンキャンパスの様子
小柴ホールでの講演撮影風景

2020年度理学部オープンキャンパスは15回目を迎えた。今年度は世界的なコロナウィルス感染症流行のため, オンラインでの開催となった。したがって,昨年までとはまったく異なる状況下での実施であったが, 終わってみて, それなりに充実した形で実施できたと思われた。もちろん, 高校生にとっては実際に来学しての経験は貴重であるが, 今後オンラインでのメリットをも考慮した開催が望まれる。

実施は, 撮影収録準備などのため, 第1弾(2020年9月21日~22日)と第2弾(2021年1月6日~19日)に分けて行われた。第1弾では, 教員と学生の講演にのべ2000名以上の参加者があった。教員の講演はもちろん, 学生の講演も高校生に強い印象を与える, 素晴らしい講演であった。第2弾は年が明けた1月に行われ, 理学部全体および各学科(全体およびいくつかの研究トピックス)を紹介するビデオが用意された。学科の特色がよく現れている印象深い紹介であり, 公開期間も長かったので, 高校生にとって豊富な情報が得られたことと思う。今回はオンラインでの実施であったため, 大学全体および他学部・研究所の紹介など, 多くの紹介ビデオを視聴することができた。高校生にとっても, 東大全体の多様性が実感できるよい機会になったと思う。

最後に, 今回初めての方式での開催に対して, 総務・広報を始めとする事務職員の皆さま, 各学科の皆さま, そして, 特に情報チームと広報の菅原栄子さんの甚大な協力により, このオンラインオープンキャンパスが無事開催されたことに感謝します。

理学部ニュース2021年3月号掲載

 

トピックス>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加