2022/05/18

植物の乾燥適応経路を抑制する天然化合物の同定

- 緑茶で植物もストレスから開放される -

東北大学大学院工学研究科

東京大学大学院理学系研究科

岡山大学

 

概要

緑茶に含まれるカテキンは、抗酸化作用や抗菌作用など人体に良い効果が期待されていますが、植物のストレス低減や生理的な反応にも影響を与える可能性がありそうです。

東北大学大学院工学研究科の魚住信之教授らの研究グループは、東京大学大学院理学系研究科、岡山大学、ミラノ大学との共同研究で、植物の気孔の開閉調節を担うイオン輸送体を阻害する2つの天然化合物を緑茶の成分から見いだしました。これら化合物は天然除草剤・バイオスティミュラントの候補物質としても期待されます。本研究は、5月出版のAdvanced Science誌に掲載されました。

図:本研究成果の概念図
緑茶に含まれる二種類のカテキン(CGおよびGCG)は、乾燥時にABAにより誘導される気孔閉鎖を抑制(緩和)する。

 

なお、本研究成果には、生物科学専攻の河野優特任助教が参加しています。

詳細については、東北大学 のホームページをご覧ください。

 

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―