2022/03/10

オープンソースで野外植物フェノタイピング用ローバーを開発

~狭い場所でもスイスイ計測~

 

東京大学

横浜市立大学

京都大学

チューリッヒ大学

 

概要

東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構の郭威特任准教授らは、京都大学、スイスチューリッヒ大学、横浜市立大学との共同研究プロジェクトにより、効率的な植物の表現型計測を実現する高速フェノタイピングローバーを開発しました(図)。

植物の生育状態を測定するフェノタイピングは、手作業では非効率なため、IT技術を活用した効率化が求められています。しかしながら広く用いられているドローンなどの技術だけでは適さない場面も少なくないため、例えば狭い土地など他の技術の導入が困難な場所でも効率的なフェノタイピングを行える装置が必要です。今回、場所や条件を選ばずに導入できる効率的な測定法として地上走行型のローバーに着目しました。市販のパーツを用いて組み立てたローバーを開発し、試験運用を行いました。

その結果、車体に搭載したカメラの写真から、植物の生育状態を効率的に定量化することができました。さらに、このローバーの設計をオープンソース・ハードウェアとして公開し、だれもが自由にアクセスし、用途に合わせて応用できるようにしています。

図:今回開発した高速フェノタイピングローバーを実際に野外で運用している様子。

 

なお、本研究成果には、生物科学専攻博士課程3年(岩崎研究室)の黒木 健さんが参加しています。

詳細については、東京大学大学院農学生命科学研究科 のホームページをご覧ください。

 

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―