東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター
特任助教または特任研究員公募

1.募集職名
特任助教または特任研究員
2.募集人員
若干名
3.着任時期
決定後のできるだけ早い時期.
4.契約期間
着任時より2019年3月31日。
5.更新の有無
研究進捗状況および勤務実績等により契約更新が可能。(特任助教の場合最長で2023年3月31日まで。特任研究員の場合は原則として着任から3年間まで)
6.試用期間
採用された日から6月間
7.就業場所
大学院理学系研究科(東京都文京区本郷7-3-1)
8.就業日・就業時間
専門業務型裁量労働制により、1日7時間45分・週5日勤務したものとみなされる。
9.休日
土・日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
10.賃金等
年俸制を適用し、業績・成果手当を含め月額30万円以上(資格、能力、経験等に応じて決定する)、通勤手当(支給要件を満たした場合)
11.加入保険
文部科学省共済組合、雇用保険に加入
12.募集者名称
国立大学法人東京大学
13.業務内容
宇宙マイクロ波背景放射の地上観測、特に、Simons ArrayやGroundBIRDなどの観測運用とデータ解析、および、CMB-S4などの次期計画に向けた研究開発を、日下暁人准教授と協力しながら国際的リーダーシップを取って推進すること。なお、本公募は新学術領域研究「ニュートリノで拓く素粒子と宇宙」の計画研究「ニュートリノ質量和測定・TeVを超える物理の探索を実現する次世代CMB観測」によるものであり、この課題に関する研究も担っていただきます。
14.応募資格
博士の学位を有し、宇宙背景放射の測定、特に次世代地上実験を、装置開発・観測・データ解析の面から牽引できること。
15.提出書類
(1)略歴書 (学歴および職歴)
(2)研究業績目録 (原著論文、国際会議、著書、特許、受賞、外部資金獲得実績等に適宜分類。)
(3)これまでの研究実績と今後の研究計画
(4)応募者に関する所見を伺える方2名の氏名および連絡先 (住所、電話番号、電子メールアドレス)
16.公募締め切り
2018年10月15日必着
17.書類提出先
上記書類を和文または英文で作成して一つのPDFファイルにまとめ、電子メールで
宛てに送信してください。
3平日以内に受理の連絡が届かない場合は、問い合わせ先にご連絡ください。
18.問い合わせ先
質問は電子メールにて受け付けます。
宛先:
Subject欄は「宇宙背景放射公募に関する質問」とすること。

◎本研究科では,男女共同参画を積極的に推進しています.
詳しくは、理学系研究科男女共同参画基本計画
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/gai/sankaku/kihonkeikaku.html をご覧下さい。