この公募は終了しました。

東京大学素粒子物理国際研究センター 特任助教または特任研究員 公募要項

1 職名及び人数
特任助教または特任研究員(特定有期雇用教職員) 1名
2 契約期間
決定後なるべく早い時期 ~ 令和4年3月31日
3 更新の有無
当初採用日から最長令和8年3月31日までとし、毎年度ごと更新する場合がある。
更新は、予算の状況・従事している業務の必要性・勤務成績等の評価に基づき判断する。
4 試用期間
採用された日から6ヶ月
5 就業場所
素粒子物理国際研究センター(東京都文京区本郷7-3-1)
6 所属
素粒子物理国際研究センター
7 業務内容
レプトンフレーバーを破る稀崩壊現象 数式画像 を世界最高感度で探索するMEG II実験を実施するとともに、大幅に探索感度を改善した将来実験のための研究開発を行う。特任助教の場合は、実験用計算機システムの保守作業にも従事する。
※本研究は、科学研究費補助金・基盤研究(S) 21H04991「世界最高感度のミュー粒子稀崩壊探索で迫る素粒子の大統一」(2021~2025年度、研究代表者:大谷航)のもと実施される。
8 就業時間
専門業務型裁量労働制により、1日7時間45分勤務したものとみなされる。
9 休日・休暇
土・日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
年次有給休暇、特別休暇 等
10 賃金等
「東京大学特定有期雇用教職員の就業に関する規程」による
  • 年俸制を適用し、業績・成果手当を含め、特任助教:月額38~45万円程度、特任研究員:月額30~40万円程度(資格、能力、経験等に応じて決定)
  • 通勤手当(支給要件を満たした場合/原則、月額55,000円まで)
11 加入保険
文部科学省共済組合、雇用保険に加入
12 応募資格
博士の学位を有する者(採用日までに取得していれば可)
13 提出書類
(1) 履歴書(東京大学統一履歴書フォーマット)
  https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.html
(2) これまでの研究概要
(3) 論文リスト
 (主要論文3編以内に印をつけ、インターネットでアクセス可能なURLあるいはDOIの情報を明記すること)
(4) 今後の研究計画
(5) 特任助教の場合:推薦書または参考意見書(2通以上)
(6) 特任研究員の場合:本人に関する意見を述べることのできる方2名の氏名・連絡先
14 提出方法
電子メールによる提出:Subject欄を「MEG Project Assistant Professor」(特任助教)もしくは「MEG Project Researcher」(特任研究員)とし、提出書類を添付して 宛てに送付。推薦書は別途、推薦者より直接送付。(2~3日以内に受領の返事がない場合は、必ず問い合わせて確認してください。)
15 応募締切
令和3年9月24日(金)必着
16 選考方法
書類選考および面接(必要に応じてリモート面接も可)
17 問い合わせ先
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学素粒子物理国際研究センター 大谷 航
Tel: 03-3815-8384、E-mail:
18 募集者名称
国立大学法人東京大学
19 その他
取得した個人情報は、本人事選考以外の目的には利用しません。
「東京大学男女共同参画加速のための宣言」に基づき、女性ならびに外国籍の研究者の応募を歓迎します。