酒向 重行

酒向 重行さこう しげゆき

酒向 重行
職名 助教
所属 理学系研究科 附属天文学教育研究センター
メールアドレス

居室 天文学教育研究センター2階2007号室
電話番号 0422-34-5163(実験室) / 0422-34-5079(居室)


研究分野

赤外線天文学、天文用装置開発

研究テーマ

星・惑星の形成過程の観測的研究、宇宙塵(ダスト)の観測的研究、天文観測用装置の開発

研究内容の概要

星・惑星形成の観測的研究
 生まれつつある星やその周囲を回るダスト・ガス円盤(惑星のゆりかご)を赤外線を用いて観測することで、その形成メカニズムの解明をめざす。

宇宙塵の観測的研究
 星により加熱された星周・星間ダストからの熱放射を赤外線で観測することで、宇宙の固体物質の主成分であるダストの性質やそのライフサイクルの解明をめざす。

望遠鏡システムの開発
 東京大学アタカマ天文台(TAO)のminiTAO望遠鏡、および東京大学木曽観測所のシュミット望遠鏡の制御システムの開発を進めている。

天文観測装置の開発
 以下の可視光・赤外線天文観測用の装置の開発を進めている。(1)TAO望遠鏡用赤外線観測装置の開発, (2)木曽観測所シュミット望遠鏡用可視光広視野カメラの開発, (3)国立天文台すばる望遠鏡用赤外線観測装置の開発, (4)JAXA次期赤外線宇宙望遠鏡用観測装置の開発


天文観測用デバイスの開発
 以下の可視光・赤外線天文観測用のデバイスの開発を進めている。(1)天文用赤外線検出器読み出しシステムの開発, (2)天文用CCD読み出しシステムの開発, (3)モスアイ反射防止構造を用いた赤外線帯高効率光学素子の開発, (4)表面プラズモンポラリトン効果を用いた赤外線帯金属メッシュフィルタの開発


教育普及活動
 東京大学木曽観測所にて高校生を対象とした天文学実習プログラム「銀河学校」、「星の教室」を行っている。

キーワード

星惑星形成、ダスト、TAO、木曽観測所、可視光、赤外線

外部リンク