大学院の教育目的・目標

大学院の教育目的・目標

東京大学大学院理学系研究科では,以下の人材を育成する教育を行っている。

  • (a) 自然科学を中心とする諸分野の研究の第一線で開拓的な研究を行う研究・教育者
  • (b) 国際的、学際的な研究プロジェクト等の中核となる研究者
  • (c) 産業界の要請及び諸研究・現業機関等からの需要に応じた創意ある研究開発者、の養成

教育目的

学院教育の重要な側面は、教育と研究が一体であることである。 学生が、常に第一線の研究活動を行っている教員達によって研究のやり方を学び、 自らも創造的な研究を行うのが、大学院での教育課程である。

このような理学系研究科における教育の目的は

  • (a) 自然科学を中心とする諸分野の研究の第一線で開拓的な研究を行う研究・教育者
  • (b) 国際的、学際的な研究プロジェクト等の中核となる研究者
  • (c) 産業界の要請及び諸研究・現業機関等からの需要に応じた創意ある研究開発者、の養成

としてまとめられる。

(a) については学部、研究科等の大学関係や諸研究機関等において、 理学の分野の専門的な研究・教育を行う人材の育成である。 人類の知的発展の歴史を検証すると、人類社会を大きく展開させるような知見の発見・創造は個々の学者、 研究者の自由な発想をもとにした自主的な研究の成果から生まれてきたものである。 このような自由な研究を行う独創的な研究者を育てることは、理学系研究科の第一の教育目的である。 また、近年理学の諸分野における研究形態としては、 国家的な大規模研究プロジェクト、国際的、学際的な研究プロジェクトの推進がなされている。 これらのプロジェクト研究の中核となって諸外国、諸分野の研究者と共同して研究を推進していくためには、 それぞれの分野での専門的な知識に加えて、自然科学の諸分野に幅広い視野を持つことが、必要とされる。 このような研究者を育てることも重要な大学院教育の目的である。 近年の科学技術の社会における重要性の増大に伴い、社会や産業界では、 今後長期にわたって高度な専門性を持つ研究者、技術者及び研究管理・調整のための多くの人材を必要としており、 (c) の創意ある研究開発者に対して社会や産業界が寄せる期待は大きくなっている。 これらの自然科学に対する社会の要請に対応した研究技術者の養成、 さらに社会に必要とされる理学の諸分野に関する広い視野と専門的な知識を合わせ持った人材を養成することも理学系研究科の大学院教育の目的である。

大学院での学生受け入れ、教育内容及び教育方法、学生支援、教育の質の向上及び改善のための基本方針は、 教育目的である人材の要請をより効果的に達成することである。 基本方針に基づく取り組みでは、大学院生の研究者としての側面を認識し、その研究環境を整えることが、 教育目的である独創的、主体的な人材を養成する上で重要な要素であると認識している。