ALPSの期間

fig.1
年次進行(平成24年度修士課程入学の学生から適用)[クリックで拡大]

平成24年度以降に大学院修士課程に入学する学生(4月入学)の場合(注1)は、修士1年次の冬学期からコースに入ります。修士1年次の学生の定員枠は40名です。修士1年次の冬学期が終わる前に資格試験(Qualifying Examination)を行い、博士後期課程にコース在籍が許可された学生が選抜されます。博士後期課程の1学年あたりの定員枠は30名です。選抜された学生は、博士後期課程3年次の夏学期が終わる前に最終試験(Final Examination)を受けて、試験に合格した場合はコース認定が行われます。その半年後に課程博士の学位を取得した場合に本コースが修了します。学位の早期提出を行う場合にも、学位を取得した時点でコース認定が終了していれば、博士の学位取得とともに本コースが修了します。

(注1)秋入学の学生の場合は、修士課程1年の夏学期からコースに入ります。そして、修士課程1年次の夏学期が終わる前に資格試験(Qualifying Examination)を受け、博士後期課程にコース在籍が許可された学生が選抜されます。選抜された学生は、博士後期課程3年次の冬学期が終わる前に最終試験(Final Examination)を受けて、試験に合格した場合はコース認定が行われます。その半年後に課程博士の学位を取得した場合に本コースが修了します。学位の早期提出を行う場合にも、学位を取得した時点でコース認定が終了していれば、博士の学位取得とともに本コースが修了します。