WEB MAGAZINE
menu
logo_UTokyo
logo_UTokyo

TAGS

学科紹介

東京大学理学部

数学科

research01
head

数学科 学科長

Nakahiro Yoshida

吉田 朋広 教授

諸現象の数学的原理を
探求する永久不変の学問

数学科の教育・研究環境は、「駒場キャンパス」にあります。

数学科は、学部教育組織として理学部に属していますが、大学院の組織としては理学系研究科と独立した「数理科学研究科」となります。伝統的な純粋数学である代数、幾何、解析に加え、応用数理の分野も含めた層の厚い研究者を擁し、数理科学全般にわたる日本最大の研究拠点として日本の数学研究をリードしています。 皆さんは数学科に進学すると、駒場キャンパスの「数理棟」で、大学院生たちとともに数学に集中する優れた環境に身を置くことになります。 

数学的思考の幅広い応用と職業選択

数学科には卒業論文の制度はありません。4年生になると各自の希望に応じた研究室に配属され、セミナーを通して個別指導を受けることが卒業の大切な要件です。 数学は、厳密科学の典型として、また、科学の言語として唯一無二の役割を果たしてきました。 自律的な学問として知的な刺激に満ちた独自の発展を遂げながら、同時に多くの応用分野や理工学・定量的社会科学において、本質的な役割を演じてきました。 さらに近年では、計算能力の飛躍的拡大とデジタルデータの膨大な蓄積を背景に、従来無縁と思われていたビジネスや生活の隅々にいたるまで、数学的思考の有効性が認識されつつあります。このため、諸分野や社会からの数学科卒業生に対する期待もかつてないほど大きく、数学科に進学して研究者や教員という伝統的な職業を目指すばかりではなく、幅広い進路の可能性が開けています。 数学科は皆さんの参加を待っています。

数学科ダイアグラム

TAGS

image01

実社会に役立つ
数学の研究をしたい

September 21, 2021

image01

理学部卒、研究者たちのホンネ

April 1, 2021

image01

論理の世界に広がる可能性

April 1, 2021