WEB MAGAZINE
menu
logo_UTokyo
logo_UTokyo

TAGS

学科紹介

東京大学理学部

地球惑星物理学科

research01
head

地球惑星物理学科 学科長

Satoshi Ide

井出 哲 教授

宇宙惑星のロマンから、
天気地震のリアルまで

身近な現象の物理を解明する学問

地球惑星物理学は、地球や惑星の上で生起する様々な現象を個別に、あるいは全体を1つのシステムとして、その物理を解明する学問分野です。観測・実験・シミュレーションの発展によって、地球表層の大気や海洋、地球内部についての理解は深化し続けており、宇宙探査の進展によって、その対象は太陽系、宇宙空間、さらには太陽系外惑星にまで広がっています。

純粋科学と応用科学

気象や地震の本質を理解し、予測して災害を減らしたいという欲求は、地球惑星物理学を大きく動機づけています。地球惑星物理学には、このような純粋科学と応用科学としての2つの側面があります。現代では人間活動が地球表層全体に影響を与えるようになっており、台風や集中豪雨、地震、火山噴火等が原因となる自然災害に加えて、気候変動や地球温暖化のような地球の環境変化も地球惑星物理学の対象となっています。

地球惑星物理学科の教育

3年生までは、物理学や数学を物理学科や天文学科の学生と一緒に習得するともに、学科独自の授業と演習で、地球惑星物理学の研究の基礎となる理論・観測・実験・シミュレーション等について学びます。4年生では、固体地球・大気海洋・宇宙惑星について、より具体的に探求します。Sタームには少人数の論文購読と実習で地球惑星物理学の研究対象を学び、Aタームには学生自身が選択した最先端の研究に取り組みます。

地球惑星物理学科ダイアグラム

TAGS

image01

理学部卒、研究者たちのホンネ

April 1, 2021

image01

地球惑星科学専攻

April 1,2021

image01

地球惑星環境学科

April 1,2021