WEB MAGAZINE
menu
logo_UTokyo
logo_UTokyo

TAGS

学科紹介

東京大学理学部

生物学科

research01
head

生物学科 学科長

Hirokazu Tsukaya

塚谷 裕一 教授

生き物の側から問いを投げかけてくる

生物学科のカリキュラム

生物学科は教員の比率が高く、丁寧な教育・研究指導を受けることができるのが特徴です。また、実習内容の豊富さも大きな魅力です。2年次は生物学の基礎を学びますが、3年次では人類学を主として学ぶA (Anthropology)系と基礎生物学(動物学・植物学)を主として学ぶB (Biology) 系の2つのコースに分かれ、それぞれ多様な実習を選択できます。例えば、A系では医学部と連携した人体解剖学実習や野外での発掘・霊長類行動観察実習、B系では附属臨海実験所や植物園・日光分園を利用した、動物や植物に直接触れる実習や野外実習が挙げられます。生物学科がある本郷キャンパス理学部2号館には3年生専用の学生控室があるので、同級生と親睦を深めながら生物学を学ぶことができます。

4年次には、3年次でのA/B系選択とは関係なく、自由に研究室の選択ができます。4年次前半に2つのラボローテーションをしたあと、後半でいよいよ半年かけての卒業研究。学生の皆さんの中には、前半の時期に海外留学を経験するなど、自主的な学びを重んじています。教員の専門も多彩で、分子(ミクロ)からオルガネラ、細胞、組織、個体、集団(マクロ)のさまざまなレベルにおいて、その生命現象の進化や分子機構を探索するなど、多様な視点から研究が行われているのが特徴です。卒業研究では、こうした多彩な研究分野の、世界をリードする研究室に所属してサイエンスに没頭できます。生物学科 に興味のある方は是非、総合科目E「現代生物学」を履修してみてください。

生物学科ダイアグラム

TAGS

image01

「構造生物学」が描く、21世紀の新・創世記

April 1, 2021

image01

生物情報科学科

April 1,2021

image01

生物科学専攻

April 1,2021