Deprecated: mysql_pconnect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /var/www/vhosts/www.s.u-tokyo.ac.jp/php/DBlib.php on line 10

Deprecated: The each() function is deprecated. This message will be suppressed on further calls in /var/www/vhosts/www.s.u-tokyo.ac.jp/php/Smarty-2.6.27/libs/Smarty_Compiler.class.php on line 567
名古屋大学 火山活動論 - 国立10大学大学院理学研究科等学生交流推進プログラム
  1. Home >
  2. 大学別一覧 Universities >
  3. 名古屋大学 Nagoya University >
  4. 火山活動論 Volcano Physics

火山活動論(名古屋大学)
Volcano Physics (Nagoya University)


現在の希望状況
Current status
聴講希望受付期間外です
大学 University 名古屋大学
Nagoya University
研究科等 Graduate School 環境学研究科地球科学系
Graduate School of Environmental Studies
学内講義コード Course code 3400062
講義名
Course title
火山活動論
Volcano Physics
教員名
Teaching staff
熊谷博之 教授
Professor KUMAGAI, Hiroyuki
聴講希望受付 Registration period 2020/04/01〜2020/04/30
Apr 1, 2020 — Apr 30, 2020
単位数 Credit 2
開講言語 Language 日本語
Japanese *See Notes
説明
Course details

本講義では、火山で起こる様々な噴火現象やそれらに関連した地震・地殻変動活動を解説する。さらにマグマが噴火に至る過程や火山性地震の発生メカニズム等の解説を行うとともに、地震・地殻変動観測を用いた火山活動モニタリングに関する事例を紹介する。これらを通して理学研究が火山災害軽減に果たす役割について考察する。

This lecture will first provide various seismic and geodetic phenomena associated with volcanic activity. Then, magma ascent processes and mechanisms of volcano seismic events will be explained in association with volcano monitoring using seismic and geodetic instruments. The role of scientific researches to mitigate volcanic disasters will be finally examined.

キーワード
Keywords
  • 火山活動論概説
  • 火山噴火と災害
  • 火山で発生する地震・地殻変動現象
  • マグマの発泡と上昇過程
  • 流体の音波特性と固体・流体の相互作用
  • 火山性地震の発生メカニズム
  • 火山における振動現象
  • 火山活動モニタリング
  • Introduction
  • Volcanic eruptions and disasters
  • Seismic and geodetic activities at volcanoes
  • Magma vesiculation and ascent processes
  • Fluid acoustic properties and solid-fluid interaction
  • Source mechanisms of volcano-seismic events
  • Oscillatory phenomena at volcanoes
  • Volcano monitoring
備考 Notes

Language in class
▪ Presentation & Materials : Japanese and English
▪ Oral explanations : Japanese only
▪ Questions in English : Available

・成績評価方法・基準
授業態度を含めた出席状況(50点)およびレポートの評価(50点)によって判断し、合計100点のうち60点以上を合格とする。
・ 教科書
特に指定しないが、適宜資料を配布する。
・参考書ならびに授業を受けるに当たっての注意事項等
火山現象のモデリング、小屋口剛博著、東京大学出版会
火山学、ハウス-ウルリッヒ シュミンケ著、古今書院
日本の火山性地震と微動、西村太志・井口正人著、京都大学出版会

・以下に表示の講義日程は予定で,変更となる可能性があるので注意すること。

URL
定員
Number of seats
講義回数 Number of lectures 15
第1回講義
Lecture 1
第2回講義
Lecture 2
第3回講義
Lecture 3
第4回講義
Lecture 4
第5回講義
Lecture 5
第6回講義
Lecture 6
第7回講義
Lecture 7
第8回講義
Lecture 8
第9回講義
Lecture 9
第10回講義
Lecture 10
第11回講義
Lecture 11
第12回講義
Lecture 12
第13回講義
Lecture 13
第14回講義
Lecture 14
第15回講義
Lecture 15
聴講希望者ログイン
Log in
聴講候補リスト
List of Favorite Courses
聴講候補リストは空です
No courses have been chosen.