寺田寅彦先生の栞のご紹介

広報委員会

図1

理学部では,広く多くの皆様にお渡しする「栞」を作成している。今回は,理学部の元教員で著名な寺田寅彦先生の栞を作成した。栞は,理学部ホームページからダウンロードできるほか,理学部1号館中央棟サイエンスギャラリーや駒場図書館でも配布している。

PROFILE

寺田 寅彦(てらだ とらひこ・1878年~1935年)

X線回折実験の業績や金平糖の角の研究で知られる物理学者。夏目漱石と親交があり随筆家としても活躍した。

[略歴]
1899年 東京帝国大学理科大学に入学
1903年 実験物理学科(首席)卒業後大学院進学
1904年 東京帝国大学理科大学講師
1908年 「尺八の音響学的研究」によって理学博士号取得
1909年 東京帝国大学理科大学助教授
1916年 東京帝国大学理科大学教授に就任(物理学)
1917年 第7回帝国学士院恩賜賞受賞
1928年 帝国学士院会員