高校生のための冬休み講座2014

横山 広美(科学コミュニケーション 准教授)

図1

對比地講師の講義の様子

2014年12月24日,25日のクリスマスの2日間にわたって高校生講座を開催した。これまで春休みと夏休みのみの運営であったが,クリスマスや受験シーズンにもかかわらず100名弱の生徒が遠方からも集まり,盛況であった。今回も中学生の参加も多かった。

1日目は「みどりの地球の探し方」(物理学専攻 須藤靖教授)と「グローバル・サイエンティストへの道」(化学専攻 合田圭介教授),2日目は「恐竜の研究」(地球惑星科学専攻 對比地孝亘講師)と「植物が花を咲かせるしくみ」(生物科学専攻 阿部光知准教授)の講義が行われた。須藤教授の「それいけ!アンパンマン」の歌詞を引用した哲学的な広がりをもつ講義や,阿部准教授の身近な花の話から先端の分子生物学に至る講義では,流れるようなストーリーに多くの生徒が聞き入っていた。合田教授ご自身の留学経験を交えた異色の講義ではところどころの率直な物言いに会場が盛り上がった。また,對比地講師の講義後に「どうしたら先生みたいに恐竜学者になれるのか」といった質問があり恐竜ファンの層の厚さが印象深かった。

充実したクリスマスレクチャーであった。次回は春休み講座を予定している。