第28回技術部シンポジウムを開催

栗栖 晋二(機器分析・実習系/地球惑星科学専攻 技術専門職員)

第28回理学系研究科技術部シンポジウムが,2013年11月22日(金),理学部化学本館5階講堂で開催された。今回は,技術職員による口頭・ポスター発表と本研究科教授による特別講演を行い,参加者は,山内薫技術部長はじめ,技術部職員,研究科所属の教員・事務職員・学生,他学部(15名),他大学(3名),一般参加者(6名)の合計62名を数え,盛会であった。

シンポジウムは,山内技術部長の挨拶に続いて, 4題の口頭発表(うち2題は, 1984年の第1回開催以来初めてとなる,英語による発表)があり,各発表で活発な質疑応答がなされた。その後は休憩をはさんで6題のポスター発表が行われ,ここでも,ポスターや展示物を前に活発な議論が交わされた。技術発表に引き続いて,物理学専攻福山寛教授による特別講演「超低温の獲得と量子物質の世界」が行われ,低温技術や低温物理学といった最先端の研究に,一同興味深く聞き入った。

シンポジウム終了後は情報交換会が催され,山内技術部長,福山教授,大西淳彦事務部長,並びに他学部・他大学からの参加者,技術部OBといった方々と技術職員の間で,交流を深め,意見交換した。

最後に,シンポジウム開催にあたりご協力いただいた皆様に,この場を借りて御礼申し上げます。