生物化学科

生物化学科
自分が世界で最初の発見者になる。そんなわくわく感の虜になってほしい。

Professor's comment

飯野雄一教授

理学部生物化学科
学科長
飯野雄一教授

生物化学科は、もともと生物学科、化学科、物理学科の教員が協力し、分子のレベルから生命現象を理解するという新たな学問分野に対応すべく設立された学科です。生体分子、特にタンパク質の立体構造を決定してその機能を理解する研究から、RNAやタンパク質の相互作用により起こる遺伝子発現の制御、ひいては動物の神経活動と行動といった高次の生命現象を分子・細胞レベルの相互作用から理解する研究など、分子をキーワードとして幅広い生命現象をカバーしています。

生物化学は主に実験科学ですので、3年生の午後がすべて学生実習であることが本学科の特徴です。3〜4人のグループごとに、DNAやタンパク質の扱いからスタートし、電気泳動による解析法、タンパク質の精製、アミノ酸配列の決定、遺伝子組み換え、ゲノムワイドな遺伝子発現解析、免疫組織染色、突然変異体の分離、変異マッピングなど、分子生物学の基本的手技が目白押しの実習をこなしていきます。こういった実習や演習で生活を共にすることによって、同級生の間に強い絆が生まれます。卒業研究では研究室に配属され、各自のテーマを持って本格的な研究を開始します。一流の研究室ばかりですので、レーザー共焦点顕微鏡、X線結晶解析装置、明暗コントロールシステム、行動追尾装置など、最先端の機材が揃っています。こういった環境の中で自由に研究を繰り広げ、自分の実力を試す機会が卒業研究です。

生物化学科での研究活動は、わくわくすることの連続です。講義では、世界の最先端で何がわかりつつあるかを聞くことができるでしょう。そして、実際に手を動かす過程で、自分が世界で最初に見つける小さな発見に出合うでしょう。このときのわくわく感の虜になり、研究の世界にのめり込んでいった多くの先輩たちがいます。この経験を将来の大発見への入り口にしてほしいと思います。

Students

草木迫 司さん
生物化学科4年 草木迫 司さん

未知な事柄が多く残されている生命科学の分野において、分子レベルの視点からアプローチする研究手法に魅力を感じています。必修科目が比較的少なく3年次から各研究室のテーマに即した実習を行えることが学科の特徴。将来自分がどのような研究を行いたいか思い描きやすい環境にあると思います。

佐原奈保子さん
生物化学専攻 修士課程1年 佐原奈保子さん

生物が長い年月をかけて築き上げたミクロの仕組みには目を見張るものがあります。それらを学び、自然の知恵を模範にしたいと思い、分子生物学を扱う生物化学科を選択しました。学科は実験を重視したカリキュラムで、4年次からは研究が中心の生活になります。将来は理科教育に携わりたいと考えています。

卒業生の進路

平成22年度の学部卒業生進路
大学院進学 71%
企業就職 0%
学校等 0%
官公庁 0%
その他 29%

生物化学科には研究を目指して進学してくる学生がほとんどですので、例年、多くの卒業生が大学院へ進学します。また、大学院の生物化学専攻の学生の進路は、修士課程修了後は博士課程に進む学生が3分の2程度です。博士課程修了後は大学や公的研究機関で本格的な研究を行う人が多いです。

詳細は理学部Web「就職情報」をご覧ください。

History

1958年 生物化学科設置
現在に至る

photo/稲田 平 text/太田 穣