天文学科

天文学科
新しい宇宙の姿を知ることのできる楽しく、素晴らしい研究が君たちを待っている。

Professor's comment

柴橋博資教授

理学部天文学科
学科長
柴橋博資教授

天文学は、星や銀河系をはじめとする諸天体の研究、そして宇宙の仕組みを解明しようという学問です。現代の天文学は、可視光のみならず、電波、赤外線、紫外線、X線、γ線など、電磁波のほぼすべての波長による観測をおこない、さらにはニュートリノなどの粒子線による観測や、重力波の検出も試みられるなど、目覚ましい発展を見せています。これまで静的にとらえられていた宇宙も、いまや巨大なブラックホールが活動する銀河中心核、銀河や大規模構造の形成など、そのダイナミズムが明らかになってきました。宇宙背景放射の観測からは誕生初期の宇宙の姿が判明し、未知のダークエネルギーの存在も発見されました。太陽系外に地球に似た惑星を検出し、そこに生命が存在する証拠を発見しようとする試みもなされています。

天文学の方法の基礎は数学・物理学にあり、物理学科の専門科目の履修も必要です。そのうえで、天文学科および天文学教育研究センターでの観測実習などを通じて基礎的な知識と技術を習得し、先端的な観測装置を使う体験ができるように配慮したカリキュラムを用意しています。

天文学科は教員数が10名程度で、全学でもっとも小さい学科ですが、この少人数であることを活かし、教員の一対一の指導のもとで実験や観測を行うことは本学科ならではの特色です。木曽観測所や国立天文台野辺山宇宙電波観測所・岡山天体物理観測所などに泊まり込んで行う天文学観測には、きっと強い印象を抱くことでしょう。

天文学は現在、大きな進展期に差しかかっています。デジタル化の大波が押し寄せ、大型望遠鏡が次々と建設され、大型の電波干渉計の建設も始まっています。大型衛星の計画も進められ、宇宙の果てや隣の惑星系の様子がわかる時代がすぐそこまで来ています。新しい宇宙の姿を知ることのできる、楽しくて素晴らしい研究ができる時代が、皆さんを待っているのです。

Students

岡田一志さん
天文学科4年 岡田一志さん

遥か彼方の現象をまるで見てきたかのように語る天文学、その不思議さに惹かれました。天文学科では、講義や望遠鏡を用いた実習を通してその内容に触れ、4年次から実際に最先端の研究ができます。今後は主に観測の面から宇宙の謎に挑み、またそれを支える開発研究も行っていきたいと考えています。

内山瑞穗さん
天文学専攻 修士課程2年 内山瑞穗さん

天文学科の魅力は、理論から観測、装置開発まで幅広い分野で研究をしている教員の方が多く、天文学全体を網羅できる知識を得られること。もう一点は比較的少人数の学科なので、アットホームな環境であることです。卒業研究も教員の方に一対一で指導してもらえるため、非常に有意義な研究が行えます。

卒業生の進路

平成22年度の学部卒業生進路
大学院進学 80%
企業就職 10%
学校等 0%
官公庁 10%
その他 0%

天文学科の卒業生の多くが大学院に進学します。就職希望者にとっては、学部卒業時には数物系の他学科の卒業生と同様の就職状況を期待できます。

また、大学院に進学後ですが、天文学専攻修士課程修了後は、およそ3分の2の学生が博士課程へと進学し、3分の1が就職します。

詳細は理学部Web「就職情報」をご覧ください。

History

1877年 (東京大学創設)星学科
1886年 (帝国大学に改組)星学科
1919年 (帝国大学令改正)天文学科
1951年 (理学部改編)物理学科
1967年 物理学科、天文学科、地球物理学科に分かれる
天文学科として現在に至る

photo/貝塚純一、稲田 平 text/太田 穣