リガクの情熱

リガクの情熱

理学部生はいつだって「なぜ」夢中です。

登場するのは理学部10学科23人の学部生・院生。
100年先の化学に思いを馳せる学生がいれば、「いま、役立つために」を実践する学生もいる。 それぞれが、それぞれの動機で、それぞれの研究に取り組んでいる。

共通しているのは、全員が「研究に夢中」だということ。そして根っこにあるのは、とてもシンプルな、「なぜ」。

さあ、扉を開こう。
そして、先輩たちの熱い「なぜ」を味わってみよう。 理学はいつだって冒険とクリエイティビティーに満ちているのだ。

text/武田篤典(steam)