グローバルサイエンス国際卓越大学院コース(GSGC)交流会

大越 慎一(副研究科長・GSGC ファカルティ委員会委員長/化学専攻 教授)

グローバルサイエンス国際卓越大学院コース(GSGC)は2016年に開始した大学院教育の国際化と多様性を推進することを目的とした英語のみで学位が取得できるコースで,現在9か国から39名の学生を受け入れている。

例年開催しているコース生と関係教員による交流会を2019年10月31日(木)18:00から小柴ホールにおいて開催し,約60名が出席した。交流会ではコース生の進行により,初めに昨年9月に入学した4名の学生がプレゼンテーションを行い,それぞれの研究内容について専門分野外の人にも分かりやすく発表した。引き続き開催された懇談会では,2019年9月に新たにコース生となった学生による自己紹介や先輩学生による歓迎のスピーチなどがあり,和気藹々とした雰囲気の中,出席者が交流を深める有意義な時間となった。

Global Science Graduate Course (GSGC) is an international graduate level course established in 2016 at the Graduate School of Science which allows students to obtain their degrees in English. It aims to foster international academic collaboration and promote diversity. Currently 39 students from 9 different countries belong to the course.

As previous years, GSGC hosted an Exchange Meeting Seminar on October 31, 2019. This meeting is held to facilitate communication amongst GSGC faculty members and students, sharing student’s daily activities to further their research. In the seminar, four academic presentations were made by GSGC students. Each designed to be easily understood by attendees outside their own research fields.

グローバルサイエンス国際卓越大学院コース交流会当日の様子


Toward the end of the seminar, professors made a welcome speech, newly enrolled students gave an introduction presentation, and seniors from the course wished them all the best with their studies. Roughly 60 students and professors attended this year and it was heralded as a success.

理学部ニュース2020年1月号掲載

 


トピックス>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加