駒場1年生向け理学部ガイダンス報告

田近 英一(教務委員長/地球惑星科学専攻 教授)

2019年12月2日(月)18:45~21:00に,駒場キャンパス13号館1323教室において「理学部ガイダンス@駒場~なぜ私は理学を選んだか~」(駒場1年生向け進学ガイダンス)を開催した。今回も約450名の学生が参加して大盛況だった。

広報室の菅原栄子さんの司会により,最初に武田洋幸理学部長からご挨拶いただいた。基礎研究の重要性のほか,理学部での教育によって「ロジカル・シンキング」ができるようになり,研究者としてだけでなく社会でも活躍できるようになるというお話があった。次に,筆者から理学部の簡単な紹介,国際化推進,学生支援,進学・ 就職状況,進学選択などについて説明した。その後,各学科を代表して10名の学部生・大学院生が,それぞれ3分間で学科紹介を行った。皆さん簡潔でたいへん良いプレゼンをしていただき,短いながらも各学科の特色や雰囲気が良く伝わったのではないかと思われる。ガイダンス後半は各学科に分かれて,教員や学生らを囲んだ懇談会が21時近くまで熱心に行われた。

ガイダンス当日の様子(左:武田洋幸理学部長, 右:学科紹介を行う10学科の学部生・大学院生)


今年は900番教室が工事のため使えず,例年よりも狭い教室で開催せざるを得なかったが,狭いがゆえにたいへん盛況な雰囲気で,また途中退室もしづらい構造だったせいか,最後まで大勢の学生が残ってくれたようであった。いずれにせよ,駒場生にとって,本ガイダンスが理学部を志望するきっかけとして役に立てば幸いである。

理学部ニュース2020年1月号掲載

 


トピックス>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加