第31回東京大学理学部公開講演会を開催

広報誌編集委員会

2019年3月28日(木),東京大学大講堂(安田講堂)にて第31回東京大学理学部公開講演会が開催された。今回は「生命の神秘を理学で解き明かす」という総合タイトルで,星野真弘理学系副研究科長の冒頭挨拶から会がはじまった。

講演会では,「生命現象の普遍性」と題し物理学専攻の樋口秀男教授が,さまざまな運動を説明できる普遍的な原理を紹介した。次に「生命の神秘を光で探る ~オプトバイオアナリシス~」と題し化学専攻の小澤岳昌教授が,新たな光分析技術を多様な生細胞イメージングの実例とともに紹介した。最後に「サルの歩行分析からヒトの直立二足歩行の進化を探る」と題し生物科学専攻の荻原直道教授が,二足歩行をするサルを初期人類のモデルと見立て,直立二足歩行の進化に迫る試みについて紹介した。

公開講演会当日の様子(講演者:荻原直道教授) 研究室見学(生物科学専攻 上村想太郎教授)


当日は556名の参加があり,講演後も多くの方が残って講演者との歓談を楽しまれた。また,この講演会は理学系研究 科等のYouTubeサイトでも同時配信され,多くの方にご覧いただいた。次回の開催は2020年の春を予定している。

理学部ニュース2019年5月号掲載

 


トピックス>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加