2016/11/17

二輪型分子ベアリングの自発的・自己選別組み上げ

「相手を選んで自ら組み上がる」

 

東北大学原子分子材料科学高等研究機構

科学技術振興機構

東京大学大学院理学系研究科

 

概要

東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)の磯部寛之主任研究者(JST ERATO磯部縮退π集積プロジェクト研究総括、東京大学大学院理学系研究科教授)の研究グループは、炭素と水素のみからなる分子を使い「二輪型分子ベアリング」が「自ら(自発的)」かつ「相手を選んで(自己選別的)」に組み上がることを見いだしました。

 

図:炭素と水素だけでできた「輪状分子」が、炭素だけでできた「車軸分子」に自発的にはまり「二輪型分子ベアリング」が組み上がる。二種類の輪状分子と車軸分子を混ぜると、同じもの同士が選別されて組み上がる「自己選別組み上げ」という現象が見つかった(同種二輪型分子ベアリングが50%ずつできあがり、異種混合二輪型分子ベアリングは0%だった)。炭素と水素という二つの元素を使った単純な分子でも、洗練された分子認識である「自己選別」が可能であることが初めて示された。

 

詳細については、東北大学原子分子材料科学高等研究機構のホームページをご覧ください。
 

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―