2014/3/20

「あかり」が捉えた星間有機物の進化

発表者

  • JAXA
  • 東京大学
  • 名古屋大学
  • 神戸大学

概要

赤外線天文衛星「あかり」が、星間空間に存在する有機物が放つ波長2.5~5.5マイクロメートルの赤外線を、これまでにない高い感度で分光観測することに成功しました。東京大学大学院理学系研究科の大学院生・森(伊藤)珠実さんを中心とする研究チームは、有機物が我々の銀河系内の広い範囲にわたって存在すること、またスペクトルの特徴からおのおのの場所の環境を推測できることを明らかにしました。このことは、「あかり」データが星間空間における有機物の進化を理解する上で重要な役割を果たすこと意味しています。この成果は、アメリカの天体物理学の専門誌「アストロフィジカル・ジャーナル」の2014年3月20日号に掲載されます。

詳細について JAXA宇宙科学研究所 のホームページをご覧ください。