2014/3/6

新たな枠組みの研究ネットワーク「オリエンタム・イノベーション」を構築

発表者

  • 小野薬品工業株式会社
  • 東北大学
  • 東京大学

概要

小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、社長:相良 暁、以下「小野薬品工業」)は、国立大学法人東北大学(本部:仙台市青葉区、総長:里見 進、以下「東北大学」)および国立大学法人東京大学(本部:東京都文京区、総長:濱田 純一、以下「東京大学」)と共に、産学連携による創薬オープン・イノベーションを追求する「オリエンタム・イノベーション」と称する研究ネットワークを構築しましたのでお知らせいたします。

小野薬品工業は、独創的かつ画期的な新薬の創薬に取り組んでいますが、この取組みを更に加速させるために、小野薬品工業が見出した独自性の高い新規化合物を最先端の知見や技術を有する大学・研究機関に提供することにより、医薬品としての使途の探索を今まで以上に迅速に実施する新しい形の産学連携のネットワークを「オリエンタム・イノベーション、(以下、オリエンタム)」と名付け、その構築に向けて検討を進めてきました。このようなコンセプトのもとに構築した今回のオリエンタムでは、新規生理活性脂質に関する豊富な最新知見を数多く有する東北大学が、研究ネットワークを統括するとともに、各種疾患の病態を模したモデルの構築などを行います。また東京大学は卓越した最先端技術を駆使して、臨床サンプルの解析や結晶構造解析などを行います。これらの取り組みを通じて、東北大学および東京大学が協力して各種疾患や病態における生理活性脂質の関与を解明するとともに、小野薬品工業は、共同研究で得られた情報を活用して未充足の医療ニーズを満たす革新的な医薬品の創製を目指すことで、産学が連携してそれぞれの社会的使命を追求して参ります。

詳細について 小野薬品工業 のホームページをご覧ください。