2010/7/22

アヤメやネギがもつ、裏しかない葉「単面葉」の形作りの仕組みを解明

発表者

  • 山口 貴大(基礎生物学研究所植物発生遺伝学研究部門 助教)
  • 矢野 覚士(基礎生物学研究所植物発生遺伝学研究部門 研究員)
  • 塚谷 裕一(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 教授)

概要

葉は光を受けて栄養分を作り出す光合成をおこなう場所です。 多くの光を集めて効率の良い光合成をおこなうために、葉はふつう、表側と裏側の性質をもつ平たい形になるのが特徴で、このような葉を「両面葉」といいます。 一方、アヤメやネギといった一部の植物は、「単面葉」という裏側の性質しか持たない葉をつくります。 この単面葉の形作りの仕組みはこれまで不明でしたが、今回その基本的な仕組みが世界で初めて明らかになりました。 基礎生物学研究所の山口貴大助教と東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻の塚谷裕一教授らの研究グループは、単面葉では、葉の裏側の性質を決める遺伝子が葉全体で働くことで、裏側の性質しかもたなくなることを発見しました。 さらに単面葉では、両面葉とは異なる仕組みで平たい形の葉をつくることを明らかにし、DROOPING LEAF (ドゥルーピングリーフ、略号DL) という遺伝子が、単面葉を平たくする働きを持つことを発見しました。この成果は、米科学雑誌 The Plant Cell(プラントセル)誌に掲載されました。

詳細について基礎生物学研究所のホームページをご覧ください。