2010/2/22

インド洋の海面水温の観測データを用いて
エルニーニョ現象の発生予測が1年以上前から可能に

- ダイポールモード現象のエルニーニョ現象への影響を初めて解明 -

発表者

  • Takeshi Izumo(東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 特任助教)
  • 山形 俊男(独立行政法人海洋研究開発機構アプリケーション ラボヘッド/東京大学大学院理学系研究科長)

発表概要

独立行政法人海洋研究開発機構(理事長 加藤康宏)及び国立大学法人東京大学(総長 濱田純一)大学院理学系研究科は、フランス国立海洋開発研究所(IFREMER)等と共同で、各地に異常気象を引き起こし、国際社会・経済に大きな影響を与える太平洋のエルニーニョ現象(ラニーニャ現象)の発生がインド洋に発生する負(正)のダイポールモード(IOD)現象(注1)の影響を強く受けていること、更にエルニーニョ現象(ラニーニャ現象)をインド洋の海面水温の観測データを用いて1年以上前から極めて精度良く予測できることを初めて明らかにしました。

また、この結果にIOD現象の予測モデルと組み合わせると世界各地に異常気象災害を引き起こす気候変動現象を約20カ月前に予測することが可能になります。したがって事前に充分な対策を講じることが可能になり、減災につながることが期待されます。この成果は、2月22日(日本時間)において、英国科学雑誌Nature Geoscience 誌(電子版)に掲載されます。

タイトル
Influence of the state of the Indian Ocean Dipole on following year's El Nino
著者名
Takeshi Izumo, Jerome Vialard, Matthieu Lengaigne, Clement de Boyer Montegut, Swadhin K. Behera, Jing-Jia Luo, Sophie Cravatte, Sebastien Masson and Toshio Yamagata

詳細について海洋研究開発機構のホームページ英語ページ)をご覧ください。

用語解説

注1 インド洋ダイポールモード(IOD)現象
インド洋熱帯域で発生する大気海洋結合系の代表的な気候変動モード。正のIOD現象が発生すると、インド洋東部(ジャワ島沖)の海面水温は通常よりも低下し、これに伴ってインドネシアやオーストラリア等で干ばつ傾向となる。一方、インド洋西部(アフリカ東方沖)では海面水温が上昇し、大気の対流活動が活発化するために通常よりも降水量が増加する。それとは逆に、インド洋東部の海面水温は通常よりも上昇し、インド洋西部では海面水温が低下する状況を負のIOD現象と呼ぶ。この場合はインドネシアやオーストラリア等では多雨傾向となる一方、東部アフリカ諸国では小雨傾向となる。