2009/9/4

オオバコの仲間は雑種だらけ

~日本古来のオオバコは、大陸産のセイヨウオオバコの雑種から生じた~

発表者

  • 石川 直子(基礎生物学研究所植物発生遺伝学研究部門 研究員)
  • 横山 潤(山形大学大学院理工学研究科生物学専攻 教授)
  • 塚谷 裕一(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 教授)

概要

基礎生物学研究所の石川直子研究員、山形大学の横山潤教授、東京大学の塚谷裕一教授からなる研究グループは、道端に生えて、踏まれても踏まれても丈夫に育つことで世界的にも身近な雑草、オオバコの仲間について遺伝子解析を行い、日本古来のオオバコは、ユーラシア大陸に広く分布し最近日本への帰化が見られるセイヨウオオバコの雑種から生じた種(しゅ)であることを明らかにしました。また、広くオオバコ属の類縁関係を調べ、驚くほど多くのオオバコ属植物が、互いに複雑に入り組んだ雑種の関係になっていることを明らかにしました。この成果は、アメリカ植物学会が編集する国際誌、American Journal of Botany誌2009年9月号に掲載されます。

詳細について基礎生物学研究所のホームページをご覧ください。