2020/07/09

今後のウェブ会議システムの提供について8/1 Zoom切替大人数はリクエストを! [お知らせ]

理学部・理学系研究科教職員(授業担当教員)各位

  2020年度中はウェブ会議システム(Zoom,Webex, Google Meet) の継続利用ができることを既に通知しています。現在利用中のサービスには各社が期間限定で無料提供しているものがあり、それらは順次有料契約したものに切り替わります。その際にライセンス内容(開催できる会議の規模や種類)に変更が生じるものやライセンスを引き継ぐ際に注意が必要なものがあります。

 以下をお読みいただき必要であれば準備をお願いいたします。

詳細 https://utelecon.github.io/notice/webmeetingaccount

 

  1. Zoom ライセンスの切り替えを8月1日に予定しています。切り替え後、10桁の共通ID@g.ecc.u-tokyo.ac.jp 形式のアカウントに継続してライセンス付与をします。切り替え後に付与するライセンスは「同時接続数300人までのミーティング」になります。(これまでの500人から減少します。また,ウェビナーは提供しません。)授業のために同時接続数301人以上のライセンスが必要な場合は教員本人の申し込み(上記詳細のフォームから)に応じて必要なライセンスを付与します。
  2. Webex  「安全な会議のためのwebexアカウント申請フォーム」から申請したアカウントはそのまま継続利用できます。教職員学生が 同時接続数1000 人までの meetings, trainings, events機能を利用できます。
  3. Google Meet 現在のライセンスを継続して利用できます。ECCSクラウドメールのアカウントで同時接続数250人までのMeet機能、高解像度の録画機能などが利用できます。これらサービスは、利用者が東京大学の構成員としての研究, 教育, 勉学, 学会活動などに利用して構いません。授業以外で、大学が提供するライセンスで可能な接続数を超える会議を開く場合は、個別にライセンスをご購入ください。(大学で管理はしません。)

本件問い合わせ先 本部情報戦略課情報戦略チーム

jouhousenryaku.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 学務課 教務チーム 学部担当―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加