2019/04/12

藤堂眞治教授が平成31年度文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞

32

藤堂眞治教授


物理学専攻の藤堂眞治教授が、「計算物質科学ソフトウェアの開発技術の振興」により、平成31年度文部科学大臣表彰科学技術賞(科学技術振興)を受賞されました。国内外で開発された最先端の物質科学シミュレーションソフトウェア情報を提供するポータルサイト”MateriApps”の立ち上げや、それらのソフトウェアを手軽に利用するためのツール開発、講習会開催等を通じて、計算物質科学分野の振興に貢献されたことで、物性研究所の研究者4名と連名での受賞となりました。誠におめでとうございます。

計算物質科学分野では、様々なプロジェクトや研究グループで、たくさんのソフトウェアが開発されていますが、欲しい機能を持つソフトウェアを見つけ出すことは大変困難です。藤堂教授らが運営している”MateriApps”では、ソフトウェアの機能や特徴を簡潔にまとめて紹介するだけでなく、充実した検索機能や相談窓口も提供しており、ユーザとソフトウェア開発者をつなぐ役割を果たしています。また、オープンソースソフトウェアとして無償公開されているものについては、利用環境ごとまとめてパッケージ化することで、ユーザが簡単にダウンロードして試用できるようになっています。現在は登録アプリ数253件、月間ユーザ数約4千人で、海外からもアクセスされる非常にアクティブなサイトとなり、分野振興に大きく貢献しています。このような地道な活動が評価されたことを、心からお祝いしたいと思います。

平成31年度文部科学大臣表彰
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/04/1415044.htm
物質科学シミュレーションのポータルサイト"MateriApps"
https://ma.issp.u-tokyo.ac.jp/


(文責:物理学専攻 教授 常行真司)

 

 

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加