2018/09/11

水素イオンからヘリウムイオンへ、電磁波を介したエネルギーの輸送

 

宇宙航空研究開発機構

東京大学大学院理学系研究科

名古屋大学

東北大学

 

概要

地球周辺の宇宙空間において、人工衛星に障害を与えるほどの高エネルギーをどのようにして荷電粒子が獲得するのか。人工衛星による観測と新しいデータ解析手法によって、その過程の理解が進んでいます。北村成寿氏(東京大学)率いる国際研究チームは、MMS(Magnetospheric Multiscale)衛星編隊からのデータを解析し、粒子の密度が低い、地球周辺の宇宙空間において、粒子から電磁波、電磁波から異なる種類の粒子へとエネルギーが輸送されている過程を検出することに成功しました。

この研究成果はアメリカの科学誌 Science に掲載されました。

 

※東京大学大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 特任研究員

 

本研究で捉えた水素イオンと電磁波、電磁波とヘリウムイオンとの相互作用を示すイメージ
Credit: 東京大学

 

なお、本研究の国際チームには、日本より以下の機関が参加しています。
東京大学大学院理学系研究科、宇宙航空研究開発機構、名古屋大学、東北大学、京都大学、大阪大学

 

詳細については、宇宙航空研究開発機構 および 名古屋大学 のホームページをご覧ください。

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 広報室―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加