2011/01/12

公募情報(財団系)-公益財団法人武田科学振興財団 「2011年度研究助成」の公募について

各専攻長・センター長・施設長 殿


公益財団法人 武田科学振興財団より2011年度
「生命科学研究助成」
「ライフサイエンス研究奨励」
「研究会等の開催支援」
 の公募通知が届きましたのでお知らせいたします。

詳細は、下記HPをご確認下さい。
http://www.takeda-sci.or.jp/
(医学・薬学系研究助成の公募も掲載されております)


「生命科学研究助成」・「ライフサイエンス研究奨励」

※本公募は所属機関の長または所属講座の長からの推薦が必要となります。
 教授の方は研究科長(下記参照)、准教授・講師・助教の方は所属する
 講座の長である教授に推薦して頂いて下さい。
 ただし推薦者が推薦できる候補は1件のみ、同一講座(教室・グループ等)
 からの応募も1件に限ります。

※研究科長の推薦を希望の方は所定の申込書・推薦書用紙の正副1部ずつを
 外部資金チームまでお願いします。
(推薦文などは記入済みの状態でご提出ください。)
 複数応募の場合、研究科長の選考のうえ1名決定されます。
 貴専攻内で複数の応募がある場合には順位を付して
 外部資金チームまでご提出ください。
  採択状況等を鑑み、研究科として最終決定致します。
 【外部資金チーム締切】平成23年3月24日(木)14時厳守

※「ライフサイエンス研究奨励」の対象は平成23年4月1日現在
 年齢満45歳未満の方です。

 
【応募方法】
 申込書・推薦書 3部(正1部・副2部)
 研究要旨および論文(コピー可)2部
 送付封筒表面に「生命科学」か「ライフサイエンス」と記入する。

【応募締切】平成23年4月5日(火)必着



「研究会等の開催支援」

※生命科学分野(特に疾病予防・診断・治療等)の研究目的のために国内開催
 される小規模研究会等(参加人数200名程度まで)を対象とします。
 平成23年10月~平成24年12月に開催される研究会等が対象です。
 特に若手の会を歓迎します。

【応募方法】
 開催支援申込書 2部(正1部・副1部)
 送付封筒表面に「研究会等支援」と記入する。

【応募締切】平成23年4月5日(火)必着


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

研究者が本研究助成金等の交付を受けたときは、
東京大学寄附取扱規則第14条(平成16年9月30日付東大規則第234号)
(注参照)により大学に寄附手続きを行う必要がありますので、その旨併せて
周知願います。

(注) 東京大学寄附取扱規則(抜粋)
(教職員の私的経理の禁止)
第14条 東京大学の教職員は、東京大学に対する寄附を受領したときは、
直ちに東京大学に寄附手続を行うものとし、私的に経理してはならない。

「研究会等の開催支援」
研究者が本研究助成金等の交付を受けたときは、
東京大学寄附取扱規則第22条(平成16年9月30日付東大規則第234号)
により受け入れることもできますので、その旨併せて通知願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 経理課 研究支援外部資金チーム―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加