2009/06/26

Nature Chemistry トライアルサービスのお知らせ(2009.8.25まで)

 薬学図書館からのお知らせです。
Nature Publishing Groupから今年4月に創刊された
Nature Chemistryのオンライン版について、
全学でのトライアルサービスを開始しましたので、
お知らせいたします。

2ヶ月間のトライアルですが、この期間にぜひご活用いただきますよう、
利用者への広報方、よろしくお願いいたします。
なお、正式サービスについては、現在のところ未定です。


------------------------------------------------------- 
◆トライアル期間:2009年8月25日(火)まで 2か月間


◆アクセスの手順

 ○学内から

  * Nature Chemistry ホームページ よりアクセスください。
  http://www.nature.com/nchem/

  ・同時アクセスユーザー数の制限はありません。


 ○SSL-VPNサービスを利用して学外から
  
  * SSL-VPN Gatewayサービス からECCSアカウントでログイン
  https://gateway.itc.u-tokyo.ac.jp/
    
  「データベース・電子ジャーナル一覧」の画面上部に
  リンクがあります。 


【Nature Chemistry 概要】
  Nature Chemistry は化学のあらゆる領域から化学者を集め、
  様々な化学関連学界間でのアイデア交換を促進する一方、
  バランスの取れた化学観を提示することによって、化学全領域に
  おける最高品質の研究を掲載する主要な情報源としての役割を
  果たすことを目的とします。査読論文、News and Views および
  Research Highlightの形式で、Nature Chemistry 以外の場で報告
  された重要な進展に関するコメントも掲載します。
  また、Commentary や特集記事では、研究室の枠を越えた化学の
  幅広い全体像の分析に取り組みます。

  Nature Chemistry は、Nature Materials(2002)、Nature Physics(2005)、
  Nature Nanotechnology(2006)、Nature Photonics(2007)、そしてNature
  Geoscience(2008)に続く、NPG が出版する6 誌目のフィジカルサイエンス系
  リサーチジャーナルです。

【特徴】
 フルテキストからのPubChem、ChemSpider へのリンク機能や、
 化学構造式の表示機能など、Nature Chemistry オンライン版に
 採用された様々な機能も通常購読の場合と同様に確認できます。

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 図書チーム―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加