2009/01/05

IARU Global Summer Program 2009派遣学生の募集について

 東京大学が加盟している大学連合IARU(International Alliance of Research
Universities:国際研究型大学連合)では,学生交流の一環として,夏期の一定期間,
加盟校において英語で開講する学部レベルの授業に,学生を相互に派遣するグローバル・
サマー・プログラム(GSP)を実施しています。今回は,2009年夏期に,世界トップ
クラスの大学において実施されるIARU GSPへの参加学生を募集します。
 参加希望者は,申請に必要な書類を揃え,理学部学生係あて提出ください。

         記

1.IARU 加盟大学(10大学)
オーストラリア国立大学(ANU),スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ),
シンガポール国立大学(NUS),北京大学,カリフォルニア大学バークレー校,
ケンブリッジ大学,コペンハーゲン大学,オックスフォード大学,東京大学,イェール大学

2.開講コース日程,詳細及び費用等
コース日程,詳細及び所要費用等は各大学により異なる。詳細については,
平成21年1月12日(月)に公開されるIARU GSPのホームページ(http://www.iaruni.org/gsp)
で確認した上,申請すること

3.参加資格
・申請時及び派遣時に,本学の学部学生あるいは大学院学生として在籍していること
・参加コースを受講するのに必要な英語能力を有すること
(TOEFL 600点(PBT)/TOEIC 900点を目安とする)

4.派遣者数
本学からは,各大学各2名,合計18名程度の派遣を予定している。
ただし申請状況によっては3名以上の場合もある

5.参加費の補助
派遣学生に対し,本学から参加費の一部を補助することを検討している。参加費の補助を
希望する学生は,申請書にその理由をおよそ350字程度にまとめて記入すること

6.提出書類
(1)IARU GSP 2009申請書(所定の様式。和文)
(2)2009 IARU Global Summer Program Application Form
(IARU GSPのホームページからダウンロードの上記入すること)
(3)上記(2)の電子データ
(4)志望動機書(様式任意。和文。A4一枚以内)
(5)英文成績証明書(本証明書は,各大学での受入れ決定に使用される。大学院学生は,
学部からの証明書を準備すること)
(6)英語力を証明できるもの(TOEFL等英語の能力試験成績証明書)
※証明書等がない場合には速やかに受験のうえ,結果が入手できる日を記載した
書類(様式任意)を提出すること
(7)その他希望大学が要求する書類(大学により異なるので,IARU GSPホームページ
にて確認のこと)

7.提出期限
平成21年2月27日(金)

8.選考
派遣候補者は,3月中旬に学内選考の上,本学からまとめて申請書類を各大学に
提出する。学内選考では,提出された書類を審査し,希望順位を勘案し,各大学への
派遣候補者の決定を行うので,必ず第3希望まで記載すること。先方の大学により
受入れが決定された場合には,本学本部から,4月はじめに,所属事務担当者
及び本人あてに通知する

9.その他
(1)IARU GSPでは学部レベルのコースが提供されるため,選考にあたっては学部学生を優先する
(2)申請の際には,所属部局における平成21年度前期(夏学期)授業・試験日程を
 事前に確認の上,履修において不利益とならないよう注意すること
(3)参加の際には,各部局において留学の手続きを行うこと
(4)本プログラムによりコースを履修し所定の要件を満たした場合には,各大学から
単位が授与されることもある。その取得した単位を本学での単位として認定できるか
どうか,そのための手続き等については,各部局担当窓口にて事前に相談すること
(5)参加の際には,各自海外旅行傷害保険に加入すること
(6)派遣終了後,参加報告書(様式任意)を提出すること。この報告書はIARU GSPの
活動を示すものとして,学内及び学外への広報等に使用する

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 学務課 学生支援チーム―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加