2008/12/01

2009年度サトー国際奨学財団奨学金留学生の募集について

◇学部・大学院修士課程の日本人留学生向け奨学金です

 財団法人サトー国際奨学財団は、大学間交流協定に基づきASEAN及び南西アジア諸国に
交換留学する日本人学生を支援し、国際交流と相互理解の促進を図ることを目的に、
サトー海外派遣留学生奨学制度の奨学生を募集します。

◆応募資格
(1)日本国籍を有する者
(2)国際交流と相互理解に関心を持ち、下記対象国への留学を希望する者
(3)学習奨励金等の名目の如何にかかわらず他の奨学支援団体等から奨学金に類する
 金品を受給していない者
 ※貸与奨学金、研究助成金などを受給している時は事前に問い合わせてください。
(4)「博士」の学位を取得していない者
(5)2009年9月までに留学を開始する者

 <対象国> バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、インド、インドネシア
       ラオス、マレーシア、モルジブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン
       フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、東ティモール、ベトナム

◆奨学金
(1)奨学金は月額8万円とし、支給期間は満6ヶ月以上12ヶ月以内とする。ただし、
 修学期間満了時をもって終了する。
(2)支給は2ヶ月に一度、2ヶ月分を本人名義の口座に振り込む。
(3)その他、渡航準備費として一時金10万円と往復の渡航費用を支給する。

◆募集人員
理学系研究科 1名
理学部    1名

◆応募方法
応募者は下記の書類を揃え、学校を通して財団に提出すること。学生本人からの
直接応募は受け付けないので注意すること。
(※は所定用紙使用)
(1)推薦書(厳封)※
(2)申請書※
(3)研究計画書※
(4)経費計画書※
(5)在籍証明書
(6)学業成績証明書
(7)大学間交流協定書の写し
(8)派遣先大学の入学許可証写し
(9)申請学生の交流プログラムの詳細

◆申請書類配布・提出先
理学部 学生係

◆応募締め切り
2009年1月19日(月)

◆奨学生の選考
選考委員会による面接選考
面接日:2009年2月21日(会場:東京・恵比寿)

◆結果発表
選考の結果は、3月初旬に学校を通じて通知する

◆奨学生の義務
(1)認定式(2009年4月27日・東京にて開催)に出席すること
(2)留学修了後、交流会に出席して留学報告を行うとともに留学期間修了後1ヶ月以内に、
 留学報告書を提出すること
(3)留学の前後に開催される交流会に6回出席すること(認定式を含む。なお交流会は
 主に東京で2ヶ月に一度開催)
(4)留学期間中、毎月25日までに、事務局に「生活報告書」を提出すること
(5)留学期間中、各学期終了後に成績証明書を提出すること
(6)機関誌「SISF」にエッセイを2回投稿すること

◆留意事項
(1)交流会の無断欠席、生活報告書の不提出、財団の名誉を傷つける行為、6ヶ月未満で
 留学を中止した場合など奨学生規則に反する行為があった時には奨学金の返還を求める。
(2)選考された時点で派遣先大学の承認を得られていない場合は仮合格者として扱い、
 その後、承認を得られなかった場合には奨学生の資格を失う。
(3)原則として、留学期間中は帰国を認めない。ただし、知見を広める目的の
 近隣諸国への旅行は認める。

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 学務課 学生支援チーム―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加