2008/09/03

平成20年12月期「東京国際交流館」日本人RAの入居者募集について

1.募集棟及び室数
  単身A棟(20平方メートル):7室
  単身B棟(30平方メートル):8室
      合  計     15室

※レジデント・アシスタントとしての謝金が規定により月額2万円以内で支給される

2.入居開始時期
平成20年12月上旬~中旬

3.入居期間
平成20年12月上旬~平成22年9月下旬の間で、大学が指定する期間
期間内でも休学・退学する場合はその日以前に退館することとなります。

4.応募資格
(1)本学の日本人大学院学生である者
(2)大学の指定する期日に入居できる者
(3)東京国際交流館の規則、指示を守り、レジデント・アシスタントの
  業務を確実に遂行できる者
(4)ある程度の外国語(英語、韓国語、中国語、スペイン語等)ができる者
(5)大学及び東京国際交流館で行う面接に参加できる者
 (大学の面接9月上旬予定、東京国際交流館面接日程等詳細は後日通知)

5.提出書類
(1)様式1-2「東京国際交流館 日本人学生(レジデント・アシスタント)入居申請書」
(2)様式2-2「東京国際交流館 日本人学生(レジデント・アシスタント)推薦書」
(3)様式3 「東京国際交流館における交流活動実施・参加計画書」
(4)面接希望票
(5)留年、最短修業年限を超える入居期間を希望する者のみ
  修学計画書、意見書(A4判、様式自由)

6.その他の注意事項
(1)交流館のRA活動には,RA謝金が発生する為,申請者が日本学術振興会
  特別研究員(DC)である場合,その採用条件に抵触する場合があります。
  日本学術振興会特別研究員(DC)で入居申請をする場合,予め,
  日本学術振興会に条件をご確認のうえ,申請下さい。
  * 問い合わせ先:日本学術振興会総務部研究者養成課
    〒102-8472 東京都千代田区一番町8番地 tel:03-3263-4998
(2)記入事項に不備・不正があった場合は選考の対象としません。
  また、後日判明した場合には、推薦・入居許可の取り消し、または退去処分とします。
(3)入居後、十分なレジデント・アシスタント活動を行っていないと
  東京国際交流館または大学が判断した場合には、退去処分とします。
(4)募集戸数を超えるRA応募があった場合は,今回入居できなかった者の中から
  交流館の空室ができ次第,本人に確認のうえRAの推薦をいたします。

7.提出期限
平成20年9月26日(金)(必着)

8.申請書類配布・提出先
理学部 学生係

―東京大学大学院理学系研究科・理学部 学務課 学生支援チーム―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加