search
search

お知らせ

DATE2024.06.03 #学務からのお知らせ

先端技術セミナー 工学最前線「下水マイニングの社会実装:米国スタートアップでの0→1と1→100の経験」(6/11(火)18:45~)

先端技術セミナーを開催しますのでご参加下さい。

 

[タイトル]下水マイニングの社会実装:米国スタートアップでの0→1と1→100の経験

[日時]2024年6月11日(火)18:45-20:30(6時限)

[講師]
遠藤礼子氏(株式会社島津製作所 グローバル共創営業戦略室 マネージャー、元Biobot Analytics, Inc. Research Program Manager ('17-'22) )

[会場]Zoomによるオンライン開催
[Zoom-URL]
UTASにログイン後、掲示板のお知らせにてZoomのURLを確認し、アクセスして下さい。

[対象]このセミナーは課外セミナーです。東大の学生・教職員であれば、全学部・全研究科、誰でも自由に参加できます(無料、事前申込不要)。このセミナーには比較的長めの質問時間があります。

[セミナー概要]個々人の尿や便の集まる下水は、集団の疫学情報の宝庫である。この下水を活用した疫学調査を下水疫学と呼ぶ。2017年創設の米国スタートアップBiobot Analytics社は下水疫学を事業化した世界初の会社であった。新型コロナパンデンミックを機に下水疫学は世界的に活用が広がり、現在では米国CDCは下水疫学を全国展開するに至る。セミナーでは、この過程で経験した、Biobot社に一人目の社員として入社し社員が100を超えるに成長する過程、技術開発からビジネス開発まで見てきた経験、市場が大きくなり競合も現れる中での苦労等を紹介する。技術の社会実装における示唆、スタートアップでのキャリア戦略、海外留学経験などについても触れる。

[主催]東京大学大学院工学研究科学術戦略室、国際工学教育推進機構 工学教育部門