理学部イメージコンテスト2020 最優秀賞・優秀賞・応募作品一覧

School of Science, The University of Tokyo IMAGE CONTEST 2020

広報委員会

東京大学大学院理学系研究科・理学部では、日々の研究の一こまにある美しい瞬間を写真に収めて競う「東京大学理学部イメージコンテスト2020」を2020年7月上旬~8月中旬に開催しました。今年も理学系の学生、教員、学内スタッフから17作品の応募があり、理学部広報委員会構成メンバーによる投票により、上位3作品が優秀賞に選ばれました。優秀賞受賞者には、表彰状及び賞品の図書券を贈呈いたします。受賞者の皆さま、おめでとうございます。

例年イメージコンテストは、オープンキャンパスの一環として開催しておりましたが、今年はオープンキャンパスの実地開催がなくなった関係で単独での開催となりましたので、応募作品はホームページにて皆さまにご覧いただきたいと思います。
コンテスト出品作品の一部は東大理学部イメージバンクにも掲載の予定です。

イメージコンテストは来年度以降も開催する予定です。

最優秀賞

「Escher 作『コロニー』」

生物科学専攻 修士課程2年 金井 雄樹

少しずつ異なる蛍光を持った大腸菌を直径1cmの円状にまいたところ、増殖に伴い幾何学的な模様が現れました。タイトルは大腸菌の学名であるEscherichia coliと幾何学的なグラフィックでも有名な芸術家Maurits C. Escherをかけて付けました。

優秀賞

「精子発見のソテツ」

生物科学専攻 教授/附属植物園 園長 塚谷 裕一

日本の植物学の最初の成果の一つとして、イチョウから精子を発見した業績は有名だが、続いてソテツからも精子を発見している。どちらも東京大学大学院理学系研究科附属植物園の園内に発見のきっかけになった株が栽培されている。

優秀賞

「それでも岩石は動いている」

地球惑星科学専攻 博士課程1年 山岡 健

地表近くの岩石が地下数十kmまで沈み込み、変成岩として再び地表に現れることがあります。変成岩の示す鉱物の組成や組織は地下での変成作用や変形を反映し、しばしば顕微鏡下で美しくその詳細を伝えてくれます。

応募作品

「英国天文学の誇り(グリニッジ天文台)」

天文学科 学部4年 徳野 鷹人

英国、グリニッジ天文台にある、世界最大級の28インチ屈折望遠鏡。現在は装置としての運用はないが、数十年の歳月をかけて作られたという歴史は天文研究のタイムスケールと誇りを感じさせ、研究の励みになった。

「分子の書」

化学科 教授 磯部 寛之
助教 松野 太輔

筒状の有限長カーボンナノチューブ分子のなか,球状分子上のOH基が,まるで書を画くかのように壁をなぞる.本学が発見の端緒に貢献したOH-π水素結合が,分子の動きを司るあたらしい「形」を見せている.

「木曽のダイヤモンド」

天文学科 学部4年 西垣 萌香

木曽観測所での観測実習の夜に見た満天の星空。シリウス、プロキオン、ポルックス、カペラ、アルデバラン、リゲルの6つの1等星を結んでできる六角形は、冬のダイヤモンドと呼ばれています。

「最古のソメイヨシノ」

生物科学専攻 教授/附属植物園 園長 塚谷 裕一

日本で現存のソメイヨシノの中で、おそらく最古の株の一つと推定されている株。東京大学大学院理学系研究科附属植物園の正門を入って正面の坂を登る途中にあって、今も健在。

「チユウキンレン(地湧金蓮) 」

附属植物園本園

小石川植物園の正門からすぐの所に植えられているチユウキンレン。
仏像に添えられる金色の蓮の花に喩えられる大型の花序が、地に湧くように咲くのでこの漢名(地湧金蓮)があります。
原産は中国・雲南省からインドシナ半島にかけての山地で、バナナと同じバショウ科ですが、実は食用になりません。

「南極上空飛行中」

総合研究博物館 学際融合研究施設
地球惑星科学専攻
教授 三河内 岳

隕石探査のために2019年11~12月に南極に滞在しました。ヘリコプターで内陸部に移動中の際の一コマです。ところどころに山が氷上に顔を出していますが、見渡す限り氷の世界が広がっています。

「光」

経営企画部国際戦略課東京カレッジチーム 係長 島 宏幸

プリズムを用いて太陽光を分光し、マクロレンズを使って光の粒子の撮影を試みました。
光のグラデーションがとても美しいように、科学と芸術は切り離すことのできないグラデーションの上にあることを再確認しました。

「CNC-fabricated Wood Joint (4つの木材からなる接合部)」

Department of Creative Informatics(情報理工学系研究科)
PhD Student Maria Larsson

Wood joint connecting four pieces created with our novel design and CNC-fabrication system

(我々が開発した継手デザインUIによってデザインから加工プロセスまで一気通貫で製作できます。)

「やっと上陸!」

地球惑星科学専攻(大気海洋研究所 海洋物理学部門 海洋大循環分野)
修士課程2年 濱本 真沙希

10日間の航海の末、ようやく釧路の街が見えてきた時の写真です。写真の人は研究室の後輩で、初めての航海で苦しみながらもついに陸が見えた喜びを爆発させています。

「親潮にかかる虹」

地球惑星科学専攻 修士課程1年 新沼 拓

観測船新青丸と朝方の海。釧路沖での親潮の観測中に撮れた写真です。夜通しでの観測が終わったところで、日の出とともに虹ができていました。

「自然科学欲張りセット」

地球惑星科学専攻 修士課程1年 大藪 良祐

雄大な海・空と生物、そして観測船と地球惑星科学専攻の研究対象、手法が凝縮されたあまりにも贅沢な一枚です。この1枚を前に、人々の心は洗われ、自然科学への知的好奇心で満たされるでしょう。

「蝶模様のホッフスタッターさん」

数理科学研究科 特任研究員 MARRA, Pasquale

Energy levels of cold atoms in quasiperiodic optical lattices.

(準周期的光格子における冷却原子のエネルギー準位)

「ドローンが見るウユニ塩湖」

地球惑星科学専攻 教授 WALLIS Simon

かつて存在した広大な湖が蒸発することによって形成したボリビア国南部に分布するウユニ塩湖。その背景にはトゥヌパ火山。手前に熱収縮によって形成した岩塩の模様があり、スケールとして車と人を一緒に撮影した。

「ミクロな世界の電車ごっこ」

物理学専攻 助教 西口 大貴

直径0.003mmのガラス玉の半球が黒い金属で覆われています。これら2つの顔を持つ“ヤヌス粒子”は、あたかも微生物のように水中を泳ぎ回ります。鎖状に連なってウネウネと蛇行したり、輪になって踊ったりもします。