山川健次郎 - 理学部栞

山川健次郎 (物理学科)

山川健次郎栞

1879年
日本人初の物理学教授

  • 1875年 イェール大学 物理学科 卒業

会津藩出身で白虎隊に入隊していた。国費留学生に選ばれ、米国で物理学を学んだ。東京大学の教授補を経て、1879 年日本人初の物理学の教授となった。分光器による太陽スペクトルの観測などの研究業績を残した。その後、東京帝国大学、京都帝国大学、九州帝国大学の総長などを務めた。