和田維四郎 - 理学部栞

和田維四郎 (地球惑星環境学科)

和田維四郎栞

日本近代鉱物学研究の礎を築いた
鉱物学者

  • 1873年 開成学校 鉱山学科 入学

若狭国小浜藩の貢進生として開成学校で学び、鉱物学では日本人初の東京大学教授となった。地質調査の必要性を政府に説き、ドイツ人地質学者ナウマンと地質調査所を建議して初代所長となり、鉱山局長も兼務した。また、八幡製鉄所の建設に奔走し、長官を務めた。鉱物コレクションは世界的に有名である。