大森房吉 - 理学部栞

大森房吉 (地球惑星物理学科)

大森房吉栞

余震と震源距離とについての大森公式を提唱した
地震学者

  • 1890年 帝国大学理科大学 物理学科 卒業

東京帝国大学地震学講座教授。余震頻度が、時間とともに反比例していく事実の発見(余震の大森公式)、震源距離が初期微動継続時間に比例する事実の発見(震源距離の大森公式)をはじめとして、明治・大正期の地震学に大きな業績を残した地震学者である。