イメージバンクについて

非公開

東京大学アタカマ天文台と南天の星空

チリ・チャナントール山頂のminiTAO望遠鏡とそこから見た南天の星空。見慣れない星座や天体が多い。標高5640mは世界最標高の天文台。乾燥した大気と高い晴天率、暗い空が最高の天体観測環境をもらたす。

(c) 東京大学 大学院理学系研究科 理学部, 2013-12-12

高解像度画像へのリンク / この画像の利用申請を行う