1. Home >
  2. 大学別一覧 Universities >
  3. 大阪大学 Osaka University >
  4. 生物科学特論C6(S) Advanced Lecture of Bioscience C6 (S)

生物科学特論C6(S)(大阪大学)
Advanced Lecture of Bioscience C6 (S) (Osaka University)


現在の希望状況
Current status
候補リストに追加する
Add to "List of Favorite Courses"
大学 University 大阪大学
Osaka University
研究科等 Graduate School 理学研究科
Graduate School of Science
学内講義コード Course code 241600
講義名
Course title
生物科学特論C6(S)
Advanced Lecture of Bioscience C6 (S)
教員名
Teaching staff
木村 幸太郎
KIMURA Kotaro
聴講希望受付 Registration period 2018/04/18〜2018/04/25
Apr 18, 2018 — Apr 25, 2018
単位数 Credit 0.5
開講言語 Language 英語
Japanese/English
説明
Course details

「生命科学研究の研究対象・研究手法の選び方 〜モデル生物の順遺伝学的解析を中心にして〜」(英語講義)
"How to choose research subject and methods in life science studies—with a focus on forward genetic analysis in model animals"

本授業では、受講者諸君の将来の生命科学研究において、重要な問題を設定し、これに答えるために適切な研究対象と研究手法を選択するための判断基準を身につける事を目標とする。

In this course, we will learn about the evaluation criteria required for choosing research subject and methods to answer to a significant question in your future study on life science.
第1週:講義
1)研究テーマと研究対象の関係
重大な発見をもたらした生命科学研究を例として、以下を理解する。
・どのような理由で問題が選ばれたか?
・その問題に答えるために、どのような研究対象と手法が選ばれたか?
・最終的にどのような結果が得られたか?

2)順遺伝学的解析の原理
遺伝学的解析手法は、特定の生命現象に関与する遺伝子群を網羅的に同定する強力な手法であるにも関わらず、必ずしもその潜在能力が広く理解されていない。遺伝学的解析によって何ができるのか、またどのような条件を満たせば遺伝学的解析ができるのかを理解する。

3)線虫C. elegansを用いた研究の具体例:microRNA
順遺伝学的解析による研究成果の例として、線虫C. elegansを研究対象として、"microRNA world"という全く新しい世界への扉が如何にして開かれたのかを理解する。

第2週:group workの発表と全体討論
第1週から第2週の間にgroup workとして研究計画を立案する。第2週に発表し、全体で討論を行う。

Week 1: Lecture
1) The relationships among the biological question, the research subject and the methods.
Understanding important findings brought out by life science studies, such as:
* With what reason was the research question chosen?
* To answer the question, how was the research subject and methods chosen?
* What kind of results were obtained?

2) The principles of forward genetic analysis
Forward genetic analysis is a powerful method for comprehensively identifying a set of genes that are involved in a particular biological process. However, the full "power" of the technique is not widely understood.
We will learn what can be done using genetic analysis and what conditions need to be satisfied for doing forward genetic screen.

3) Examples of forward genetic analysis using the nematode C. elegans—the finding of microRNA
We will learn how simple genetic analysis of developmental abnormality in the nematode C. elegans opened a door to a totally new field of biology—the microRNA world.

Week 2: Discussion
Student's group will make experimental plans based on the ideas learned in Week 1. The plans will be presented in Week 2, followed by a class discussion.

第1週:講義
1)研究テーマと研究対象の関係
重大な発見をもたらした生命科学研究を例として、以下を理解する。
・どのような理由で問題が選ばれたか?
・その問題に答えるために、どのような研究対象と手法が選ばれたか?
・最終的にどのような結果が得られたか?

2)順遺伝学的解析の原理
遺伝学的解析手法は、特定の生命現象に関与する遺伝子群を網羅的に同定する強力な手法であるにも関わらず、必ずしもその潜在能力が広く理解されていない。遺伝学的解析によって何ができるのか、またどのような条件を満たせば遺伝学的解析ができるのかを理解する。

3)線虫C. elegansを用いた研究の具体例:microRNA
順遺伝学的解析による研究成果の例として、線虫C. elegansを研究対象として、"microRNA world"という全く新しい世界への扉が如何にして開かれたのかを理解する。

第2週:group workの発表と全体討論
第1週から第2週の間にgroup workとして研究計画を立案する。第2週に発表し、全体で討論を行う。

Week 1: Lecture
1) The relationships among the biological question, the research subject and the methods.
Understanding important findings brought out by life science studies, such as:
* With what reason was the research question chosen?
* To answer the question, how was the research subject and methods chosen?
* What kind of results were obtained?

2) The principles of forward genetic analysis
Forward genetic analysis is a powerful method for comprehensively identifying a set of genes that are involved in a particular biological process. However, the full "power" of the technique is not widely understood.
We will learn what can be done using genetic analysis and what conditions need to be satisfied for doing forward genetic screen.

3) Examples of forward genetic analysis using the nematode C. elegans—the finding of microRNA
We will learn how simple genetic analysis of developmental abnormality in the nematode C. elegans opened a door to a totally new field of biology—the microRNA world.

Week 2: Discussion
Student's group will make experimental plans based on the ideas learned in Week 1. The plans will be presented in Week 2, followed by a class discussion.

キーワード
Keywords
  • 第1週:講義
  • 1)研究テーマと研究対象の関係
  • 重大な発見をもたらした生命科学研究を例として、以下を理解する。
  • ・どのような理由で問題が選ばれたか?
  • ・その問題に答えるために、どのような研究対象と手法が選ばれたか?
  • ・最終的にどのような結果が得られたか?
  • 2)順遺伝学的解析の原理
  • 遺伝学的解析手法は、特定の生命現象に関与する遺伝子群を網羅的に同定する強力な手法であるにも関わらず、必ずしもその潜在能力が広く理解されていない。遺伝学的解析によって何ができるのか、またどのような条件を満たせば遺伝学的解析ができるのかを理解する。
  • 3)線虫C. elegansを用いた研究の具体例:microRNA
  • 順遺伝学的解析による研究成果の例として、線虫C. elegansを研究対象として、"microRNA world"という全く新しい世界への扉が如何にして開かれたのかを理解する。
  • 第2週:group workの発表と全体討論
  • 第1週から第2週の間にgroup workとして研究計画を立案する。第2週に発表し、全体で討論を行う。
  • Week 1: Lecture
  • 1) The relationships among the biological question, the research subject and the methods.
  • Understanding important findings brought out by life science studies, such as:
  • * With what reason was the research question chosen?
  • * To answer the question, how was the research subject and methods chosen?
  • * What kind of results were obtained?
  • 2) The principles of forward genetic analysis
  • Forward genetic analysis is a powerful method for comprehensively identifying a set of genes that are involved in a particular biological process. However, the full "power" of the technique is not widely understood.
  • We will learn what can be done using genetic analysis and what conditions need to be satisfied for doing forward genetic screen.
  • 3) Examples of forward genetic analysis using the nematode C. elegans—the finding of microRNA
  • We will learn how simple genetic analysis of developmental abnormality in the nematode C. elegans opened a door to a totally new field of biology—the microRNA world.
  • Week 2: Discussion
  • Student's group will make experimental plans based on the ideas learned in Week 1. The plans will be presented in Week 2, followed by a class discussion.
  • 第1週:講義
  • 1)研究テーマと研究対象の関係
  • 重大な発見をもたらした生命科学研究を例として、以下を理解する。
  • ・どのような理由で問題が選ばれたか?
  • ・その問題に答えるために、どのような研究対象と手法が選ばれたか?
  • ・最終的にどのような結果が得られたか?
  • 2)順遺伝学的解析の原理
  • 遺伝学的解析手法は、特定の生命現象に関与する遺伝子群を網羅的に同定する強力な手法であるにも関わらず、必ずしもその潜在能力が広く理解されていない。遺伝学的解析によって何ができるのか、またどのような条件を満たせば遺伝学的解析ができるのかを理解する。
  • 3)線虫C. elegansを用いた研究の具体例:microRNA
  • 順遺伝学的解析による研究成果の例として、線虫C. elegansを研究対象として、"microRNA world"という全く新しい世界への扉が如何にして開かれたのかを理解する。
  • 第2週:group workの発表と全体討論
  • 第1週から第2週の間にgroup workとして研究計画を立案する。第2週に発表し、全体で討論を行う。
  • Week 1: Lecture
  • 1) The relationships among the biological question, the research subject and the methods.
  • Understanding important findings brought out by life science studies, such as:
  • * With what reason was the research question chosen?
  • * To answer the question, how was the research subject and methods chosen?
  • * What kind of results were obtained?
  • 2) The principles of forward genetic analysis
  • Forward genetic analysis is a powerful method for comprehensively identifying a set of genes that are involved in a particular biological process. However, the full "power" of the technique is not widely understood.
  • We will learn what can be done using genetic analysis and what conditions need to be satisfied for doing forward genetic screen.
  • 3) Examples of forward genetic analysis using the nematode C. elegans—the finding of microRNA
  • We will learn how simple genetic analysis of developmental abnormality in the nematode C. elegans opened a door to a totally new field of biology—the microRNA world.
  • Week 2: Discussion
  • Student's group will make experimental plans based on the ideas learned in Week 1. The plans will be presented in Week 2, followed by a class discussion.
備考 Notes

まず第1週(2コマ)では、過去の幾つかの重要な研究例から、以下を理解する:設定した問題と研究対象と研究手法の関係/順遺伝学的解析の原理/遺伝学的解析のモデル動物である線虫C. elegansを用いた研究成果。
続いて第2週目までに、受講学生は第1週で学んだ方針に基づいて、group workとして研究計画を立てる。
第2週(2コマ)ではgroupごとに研究計画を発表し、全体で議論を行う。

In Week 1 (two periods), we will look at several topics from outstanding researches at present and in the past. The topics include (1) the relationships among the biological question, the research subject and the approach, (2) the principles of forward genetic analysis, and (3) successful examples of forward genetic analysis using the nematode C. elegans.
Based on Week 1's course content, the students will make research plans as group work.
On Week 2 (two periods), each group will present their research plan. This will be followed by a class discussion.

URL
定員
Number of seats
講義回数 Number of lectures 2
第1回講義
Lecture 1
第2回講義
Lecture 2
聴講希望者ログイン
Log in
聴講候補リスト
List of Favorite Courses
聴講候補リストは空です
No courses have been chosen.