研究科長主催留学生・外国人客員研究員との懇談会

五所 恵実子(国際化推進室 講師)

図1

懇親会参加者全員で記念撮影

2013年12月13日(金)午後6時より山上会館地階レストラン「御殿」で,毎年恒例の研究科長主催「理学部教職員と留学生・外国人客員研究員との懇談会」が留学生・研究員の家族を含め, 74名の参加者を迎えて開催された。冒頭,相原博昭研究科長の英語による歓迎の挨拶・乾杯でたいへん和やかな雰囲気で歓談が始まった。

会半ばには, 10月入学を中心とする新規入学留学生に一人ずつ自己紹介をしてもらった。まだ来日後2ヶ月しか経っていない学生が多かったが,英語だけでなく日本語でがんばって挨拶している学生もいて微笑ましかった。挨拶に続き参加者全員でじゃんけん大会を楽しみ,勝者には東大グッズなどの景品が授与された。会は土居守国際交流委員会委員長の英語でのメッセージの後,全員での記念撮影で終了した。今回は,普段チューターとして留学生の研究生活を支援している日本人大学院生に加え,研究科長の招待により学生選抜国際派遣プログラムの学部生複数名の参加もあり,留学生同士だけでなく日本人学生との交流が会場のあちらこちらで見かけられた。参加者はみな美味しい料理と飲み物,会話で楽しいひとときを過ごしていた。

例年は3月に開催していた懇談会であったが,今回は12月中旬だったため,いつも参加できなかった教員や新入生の紹介をすることができ,その時々で開催時期と会場を少し変えてみるのもまたよいかもしれないと思った。