高校生のための春休み講座2013

広報室副室長 横山 広美(科学コミュニケーション 准教授)

図1

高校生のための春休み講座の様子

「うわーっ」と歓声が上がったのは,小澤岳昌教授(化学専攻)の講義。参加者の一人ひとりに手渡された2つのキットの中身を混ぜて,発光が起きたときである。

第3回目となる高校生のための講座は,2013年4月1日(月),2日(火)の2日間にわたって開催された。今回もたいへんな人気で,80人の定員はあっという間に埋まった。中学生の参加も可としているので,小学校を卒業したばかりの生徒も数名,参加した。

1日目は,「動物のかたちづくり~背と腹ができるしくみ~」武田洋幸教授(生物科学専攻),「事実は小説より奇なり~量子の世界への誘い~」上田正仁教授(物理学専攻),2日目は「月が導く深海の流れ~地球を巡る深層海流の謎を解く~」日比谷紀之教授(地球惑星科学専攻),「化学の目で生物を観察する~ダイナミックな細胞の世界~」小澤教授の講義が行われた。

1時間の講義の後,20分間の質疑応答を行った。次から次へ手が上がり,いつまでも続けられるほどの質問に,講師のみなさんは丁寧に対応していた。上田教授の講義の後は,長蛇の列ができ,講義時間とほぼ同じ1時間にわたって質問攻めだった。武田教授のメダカの背と腹ができる仕組みや,日比谷教授の深層海洋大循環のお話も,それぞれに質問が多くありたいへん好評だった。ダイナミックな画像および映像は,とくに生徒の心に残ったようである。

本講座はたいへん好評であるので,今後,拡充していくことを検討したい。ご協力をいただいた講師およびスタッフの皆様に感謝申し上げたい。