瑞宝重光章を受章 物理学専攻 山崎敏光名誉教授

早野 龍五(物理学専攻 教授)

図1

山崎敏光名誉教授

山崎敏光名誉教授が2010年秋の叙勲で「瑞宝重光章」を受章され,11月5日に皇居で伝達式が行われました。

山崎先生は1957年に本学理学部物理学科を卒業なされ,本学原子核研究所助手,カリフォルニア大学およびニールス・ボーア研究所研究員,本学理学部講師,助教授,教授を経て, 1986年より本学原子核研究所所長を務められました。 退官後は日本学術振興会監事などを歴任され,現在は財団法人仁科記念財団理事長および日本学士院会員として活躍されるとともに,自ら科研費を獲得され,研究に励んでおられます。

山崎先生は中間子などの粒子ビームを原子核物理・原子分子・物性科学に至る広い分野の研究に応用して新しい学問分野を拓かれ,2009年にこれらの業績により文化功労者として顕彰されていますが,再び栄えある受章となりました。 今後ますますのご健勝をお祈り申し上げます。